新 日本 の 黒い 霧 ブログ。 ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(5)墜落現場周辺で発見された驚愕の物的証拠とは?

神 日本の黒い霧では、「神」という存在の霊的部分、いわゆる超自然的な側面、事実としての歴史的な側面を切り離し、特に後者の歴史に焦点を当てて考えたいと思います。

しかし、「神」の名を語り歴史の真実を曲げる行為は、人の犯す最も大きな過ちの一つであると思うのです。

例の「謎の黒い戦闘機」についてです 311の真実が、ロシア発で暴かれる
個人的な感想ですが、この作品は監督一人の発想で生まれた創作であるとはとても思えません 労働生産年齢を過ぎた高齢者に何があっても、経済活動への影響は少ないという事なのでしょうか?今は想像でしか物が言えませんが、せめて被験者となられた方 ワクチソを打たれた方 が、この大実験で命を落としたり、な疾患などに罹らないよう祈るだけです
次に、軍人たちに敗戦をどう納得させるかが、敗戦直前の1週間の最大の課題となった つまり、役割として「死んだ」も同然という訳です
これについて最初に正直にお断りしておきたいことがあります 上毛新聞の取材に長は「こうした電話は初めてで驚いた
今ではかなりよく探さないと見つかりません ここに書かれていることが事実なら、世界情勢を分析する上で大きく認識を転換しなければなりません
ここで注目するのは強調した部分、 「当時は、コンピュータが無かった」、「同時起爆する際に生じる誤差をナノ秒単位に収める」の2点です 米国の植民地である日本が核保有を許されることは 絶対に有り得ない
女性「家には小さい子供もおり、ボランティア活動で感染したらとたいへん心配です サイドブレーキで何とか停車しました」
1985年8月12日夕刻、羽田を飛び立った後、制御不能に陥った日航機が群馬県の御巣鷹山の尾根に墜落し、死者520名を出したこの大惨事は、当時から事故原因を巡り多くの疑惑が持たれてきました 要するに、「キ」の付く地名が頭に浮かんだのです
——————————— ここから ———————————- 管理者:「S氏からこういう部品 写真1 が、第3エンジンが落下していた付近に大量に散乱していると報告がありましたが、何かミサイルに関係する物なのでしょうか?」 写真1:四角いミサイル部品 B氏:「うーん、これだけではちょっと何とも言えないですね そんなに大きな物ではないですよ
理研の仁科・武谷原爆はウラン10%濃縮で使えた 参照 JAL123便墜落事故-真相を追う- 闇夜に蠢くもの 4 2009-09-10 17:29:00 ただ、隊員さんの対応には不信感を覚えましたね
27
つまり、ほとんど全てを米国が支配している すると、今回引用した報道記事が意味することは 7月末までに一定数の検体を集めろ と、政府が体に檄を飛ばしたということであり、そこで問題となるのは、それだけ急いで検体を集めてどんな実験をしようとしてるのかという、政府の真意なのです
日航ジャンボ機墜落事故の凄惨な事故現場 事故現場を幾度も訪れ、多くの物証や証言を集めたブログ管理者の推考からは、信じられないような事故の真実、そして闇の存在が浮かび上がってきます 6日1:50 S氏から連絡、「ブレーキが効かない
ほっといたらカネを食うだけの 無用の長物です 2009年7月に始まったこのブログの目的は、の真相究明です
この性格は現在の安部内閣によく見て取れる 311は米国、ロシアの老朽核兵器1500発分でした
——————————— ここから ———————————- 管理者:「S氏からこういう部品 写真1 が、第3エンジンが落下していた付近に大量に散乱していると報告がありましたが、何かミサイルに関係する物なのでしょうか?」 写真1:四角いミサイル部品 B氏:「うーん、これだけではちょっと何とも言えないですね オリンピックのボランティアにワクチソを先行接種できないかというお題の中でのボランティア登録者へのインタビューです
そんなに大きな物ではないですよ 昔、ミサイルの組立現場で同じ物を実際に見ています
ここでわずか34歳の陸軍参謀瀬島が満州に飛ぶ 現場回収物からは、123便墜落の当夜、複数の軍用機によるミサイル戦があったという、信じられないような事態が浮かび上がってきます
22

学校の歴史では、日本がアジアを侵略した戦争だ、日本が悪かったのだと教えられましたが、ここ何年かは、米国が日本を追い込んだために起きた戦争だ、米国は真珠湾攻撃を黙認し、日本を叩くために利用したのだ・・・と、どちらかというと「日本は悪くない」といった、日本の当時の立場を擁護するかの論調が強まっているように見えます。

これから何回かに渡り、このブログの主要記事を紹介していきます。

広島は陸軍の半数が集数する第二総軍の司令部が置かれており昭和天皇は原爆による第二総軍の壊滅を考えたのだ。

また、その中にはサイズ形状の異なるセパレータ 写真5 が数種含まれています。

使用されていた とされている 爆縮レンズ 画像 別窓リンク: 色の濃いコブ状の部分が「遅い火薬」。

例の「謎の黒い戦闘機」についてです。

何度も繰り返しますが、大電力送電は物理的に不可能なのです。

プロローグ 表向き7000兆円もあるといわれる米国の財政赤字。

電波状況が悪いせいもありますが、頻繁に異音が混じることから、当局が意図的に連絡を遮断している様子も伺えます。

西園寺八郎は、妻のしず子に寄り付きもしないで、 ずっと自分の息子の裕仁 昭和天皇 の側に居て侍従をした。

42