大阪 狭山 市 事件。 狭山事件|部落解放同盟中央本部

当時は〈善枝ちゃん殺し事件〉と呼ばれた。

亀井説の欠点として、事件当時まだ父親が健在だったのに高校進学直後の少女がなぜ殺されなければならなかったか説明できないこと、被害者の自宅一帯は市街化調整区域のため土地の切り売りは不可能であること、地元では長子の一括相続が半ば常識となっていたことが指摘されている。

『狭山事件・第1集』辺境社、1972年。

事件当時は石川一雄と同じ被差別部落に住んでおり、亀井トムからは「部落出身らしい警察官」と呼ばれている。

283• 証拠開示【しょうこかいじ】とは、公判に提出されなかった検察官手持ちの証拠資料を弁護側が入手、利用できるようにすることである。

31

一方、地域住民の被差別部落に対する根強い差別意識を反映して、事件発生直後から、市内の被差別部落民を犯人視する声が広がっていた。

元刑事の証言どおり、鴨居の前に脚立が置かれている 石川さん宅はベテラン刑事たちによって2度にわたって徹底的な捜索がなされている。

41-42(部落解放同盟中央本部、1972年)• 警察は市内の被差別部落に見込み捜査を行い、5月23日早朝、石川一雄さんを別件逮捕した。

しかしOさんは「事件当時から、本当にそこで犯行があったのだろうかと疑問に思ってきた。

金剛駅とを結ぶ「(ソラエ)」が運行されている。

石川さんが逮捕された5月23日に1回目の家宅捜索が12人の刑事によって2時間17分にわたって行なわれ、6月18日には2回目の捜索が14人の刑事によって2時間8分にわたって行なわれている。

しかし、その直後にバランスを崩して路上駐車していたタクシーに接触。

〈刑確定〉から17年4カ月を経た94年12月21日、石川さんは再審請求中に*仮出獄【かりしゅつごく】した。

37