オオクワガタ 繁殖。 2017年の国産オオクワガタの産卵方法の紹介

産卵痕のように見える箇所もあります。

次の記事では、割り出しの様子と結果をレポートしますね。

もちろん外からほとんど変化がなくても中はたくさん食べていることもあるのであくまで目安です。

ただし、血統がついたり、サイズが大きいものになったりすると万単位の値段がつくこともあります。

次に転倒防止のために木片や餌皿を入れます。

エサ皿としての穴が空いた止まり木がよく売られているのでそれを使いましょう。

飼育用品は未開封・未使用のものに限り、お届けから1週間以内でしたら返品可能です。

クヌギかつ、菌糸が入ったものです。

できるだけ白く品がいいビンを選びましょう。

1、産卵木を加水・陰干しします。

飼育ケースに加水した埋め込み用のマットをケース底から4~5cmくらい固く詰めます。

自然交尾法 オスとメスを1匹ずつ同じ飼育ケースで飼育し、自然に交尾をするのを待つ方法です。

2.しっかりと成熟したペアで交尾・産卵させる オオクワガタは羽化してから約4か月~6か月くらい経過してからブリードさせるのが良いです。

オオクワガタを繁殖させようと思っている方が気になるポイント。 虫を購入する時には購入先から羽化時期やペアリング(交尾)がすぐ出来るか確認しておきましょう。 虫の種類によってさまざまですが成虫になってからの時間が短いと交尾や産卵がうまくできません。 8月12日 産卵用に大きめのコナラ材を入れた。 それでも、奇形の仔の中に優秀な仔がほんの少しいる。
63

いつもの光景ですが画像の様に逆さにしたカゴやザルの上に乗せておくと水切りをスムーズに行えます。

1.種親入手方法の検討 最近はネット上で安いものがたくさん販売されているので、入手に困ることは少ない。

成虫までの飼育期間は10ヶ月から11ヶ月が良いと思います。

そうそう、オスは?もう用済みですw 産卵的に。

自分で採集するのもよいですが、購入することも可能です。

難しい場合は別のメスでチャレンジする。

結果として、初心者の方には成虫を、菌糸や発酵マットの知識がある方には幼虫を勧めたいと思う? 2.累代の問題点 ここで、近親交配の問題点を探ってみたい。

そうなってしまうと再度温度を上げてゼリーを与えても一月以上産卵モードに復帰しないことが多いので十分に注意してください。

50