ディファ ストン 副作用。 意外と多い!?デュファストンの副作用

ただし、あまりにも副作用の症状がつらいときには我慢せずに医師に相談するようにしてください。 12 26

本来、黄体ホルモンは妊娠後には更に分泌量が増えていくのですが、黄体機能不全などで黄体ホルモンの分泌が少ない場合には、妊娠の継続に必要な黄体ホルモンが足りないことで、流産してしまうこともあります。

月経サイクルを整える効果 【デュファストンが処方される主な症状】 黄体機能不全にもとづく生理不順、月経周期異常、無月経、子宮内膜症などを改善する効果 生理不順や無月経が不妊の原因と考えられる場合、正常な生理周期にするためにデュファストンを一定期間服用します。

もしデュファストンを服用していく上で、副作用がつらいと感じることがあれば、 医師に相談することをおすすめします。

2% が副作用の割合で1番多いようでした。

黄体ホルモン プロゲステロン は排卵後の卵胞から分泌される女性ホルモンの一種で、受精卵が着床しやすくするなどの効果と作用を持っています。

本剤は強い子宮収縮作用と子宮頸管開大作用を有し、重篤な副作用として子宮破裂、子宮経管裂傷、子宮出血が報告されています。

アナフィラキシーショック 副作用の中でもごく稀ですが、アナフィラキシーショックを引き起こす場合があるとのことです。

しかもアンドロゲンの作用を抑える働きまであるため海外ではニキビのお薬としても使用されています。

参考: 副作用が出る時期と出た場合の期間 今回紹介したデュファストンの副作用は軽度なものが多くあらわれる可能性も低いですが、もし出た場合は通常どれくらいの期間続くのでしょうか? デュファストンの副作用は基本的に薬を服用し始めてすぐにでることが多いようです。

(適用上の注意) 14. アナフィラキシーショックの症状自体は非常に怖いですが、実際のところ薬物全体で見てもアナフィラキシーショックでの死亡者数は年間20~30人くらいですので、デュファストンでの副作用としては極めて稀であることがわかります。