ジャンゴ フェット。 ボバ・フェットの生存が確定!なぜ生きていたのか?復活理由やジャンゴとの関係を調査!

ボバはダース・ベイダーもその腕を認める賞金稼ぎであり、ボバもベイダーを信頼していた。

この際、ボバはジャバ・ザ・ハットからもソロに懸けられた懸賞金を貰うため、ダース・ベイダーから報酬の一部としてカーボナイトで冷凍されたハン・ソロを貰い受けた。

潜伏先のカミーノでとした後、ジオシスへと逃亡した 出現した直後に消し、すぐさま次のジャンゴフェットに備えましょう
というエンディングを迎える ボバはひとり特別なクローン人間であり、ジャンゴの息子として育てられ戦闘技術などを学びます
2021-07-17 17:00:00• 発売から時間の経過している商品は生産・販売が終了している場合がございますのでご了承ください ボバ・フェットはなぜ生きていたのか ここで、ボバ・フェットはなぜ生きていたのかについて考察していきましょう
『エピソード5』と『エピソード6』の間を描くスピンオフ(外伝)作品『』のコミック版では、ハン・ソロをジャバ・ザ・ハットの下まで届ける間に、ボスクやザッカス、などの手柄を横取りしようとする他の賞金稼ぎたちから執拗な追跡を受けるものの、彼らを出し抜きジャバの下にソロを引き渡し、懸賞金を見事手に入れた このときフェットはまだタトゥーインで自身のアーマーを探していたのでしょう
ハン・ソロとは、デジリスク・ザ・ハットの依頼で拘束しようとした際、逆に隙を付かれてハン・ソロとの機転にはまり、出し抜かれ逃げられた以来因縁がある ジャンゴ=フェットと言えば宇宙一の賞金稼ぎ、最強の戦士として銀河中に知られる
ジョージはテムエラという役者と、ジャンゴというキャラクターをいたく気に入っており、同じルーカスアーツから発売された『スター・ウォーズ リパブリックコマンド』にもテムエラを出演させた 僕はシェイクスピアが大好きなのですが、そのシェイクスピアを彷彿させる優れたドラマ性がたまらなく好きです
それだけでなく、ジャンゴは通常の回避アクションに加えてもう一つ、ジャンプボタンと組み合わせたバク転やジャンプ側転、ジャンプ前転を「ウェーイ!」とハイテンションな声でやってのけて攻撃を回避するので、彼の意外な身体能力に笑わずにはいられない 役者は『クローンの攻撃』でジャンゴ・フェットを演じた
しかしジャスター率いるマンダロア戦士団は罠にはまり、ジェダイ騎士団と前面衝突、マンダロア戦士団は壊滅した これについてはストームトルーパーがジャンゴの遺伝子を受け継いでいたためジャンゴと同じ癖を持っていたという事が公式にアナウンスされており、クローントルーパーが旧共和国軍に採用されてから22年経過した時点でもジャンゴのクローンがストームトルーパーの中に存在していることがわかる 得意のお遊び
45 13