郵便 切手 不足。 料金不足で戻ってきてしまった場合

また速達の場合は、急ぎの物として扱われる為、宛名の人に料金請求されてしまいます 大量(1,000通以上)の郵便物等の差し出しを予定されているお客様におかれましては、 窓口担当へお申し出いただくか、下記までご連絡をお願い申し上げます
見たことありますよね? 要は 「返事がほしいから郵便料金を払っておくよ!気軽に送ってね!」が出来るシステムってことです 差出人の住所の管轄外のポストや郵便局で郵便を出した場合 です
「よし!今年こそは余裕をもって年賀状を出すぞ!」と思っていても 「えっ!もうこんな日付!?元日までに届く?間に合う!?」 なんてことありますよね なので、返送された郵便物に不足分の切手を貼り、再度投函すれば良いでしょう
ただし取扱い郵便局によってこの基準が異なることもありますので、絶対の基準でないことはお断りしておきます もちろんこのような面倒なことにならないためにも、郵便物を送る前にしっかり郵便料金を確認するのが一番なんですけどね
そこで切手を貼る手間も省いて郵送でき、一か月単位で料金の一括払いができる、料金後納郵便という便利な発送方法をご紹介します 着払いの方が郵便局員さんは手間がかかるし、料金が高そうな感じがしますが・・
当然、受取人に支払いの義務はありませんので、受取りを拒否することも可能です 郵便物を郵便ポストへ投函した後、切手の貼り忘れや封筒の大きさ・重さで料金不足の切手を貼ってしまった場合の郵便物はどう処理されるのでしょうか? 郵便物に料金不足である旨のハガキを添えて配達 郵便物に差出人の電話番号があれば「料金が不足していますよ」なんて連絡をくれることもあるみたいですが、あくまでも便宜であってまれなケースと言っていいでしょう
もし同じように窓口で出したのにも関わらず料金不足になった方がいましたら• 「よし!今年こそは余裕をもって年賀状を出すぞ!」と思っていても 「えっ!もうこんな日付!?元日までに届く?間に合う!?」 なんてことありますよね 差額を現金で支払う場合は、差額分の切手を販売し切手を貼るか、別納証紙を発行し 貼るかの2種類の方法があります
簡易書留を出すつもりだったのに、郵便局に行きそびれてしまった その際、輸送に耐えられる梱包にして 重量に合った料金分の切手を貼ることが必要です
70
料金不足ハガキの表面画像 この2つがあればどこの郵便局が悪いのか、何が原因で窓口差出で料金不足が起きたのか、がわかるはずです 例えば、新宿駅の前の郵便ポストに料金不足の手紙を投函したとします
郵便物を出してから、1年以内であること また、返金してもらう場合に印鑑などの必要なものがあるようなので、それも併せて確認しておくことをおすすめします
[販売]2円切手1枚 ・料金別納 郵便物そのものに切手や別納証紙を貼らずに「料金別納」という表示のみをし、料金は別途支払う方式です 本当に料金不足であれば不足分の料金を払うためのはがきが付いてきます
手紙などの普通郵便でも、重さによって料金追加になることもあります 差出し日時• 還付不能郵便に分類されると、まず郵便局員によって開封されるため、郵便物内に差出人を特定する記述が確認できる場合には返送されることがあります
差出人の住所・名前が明記されていない場合 受取人へ配達し、受取人が不足分の料金を支払います はがきは1円、その他の手紙はサイズによって2円〜20円の価格改定が行われています
75