カタツムリ。 家庭菜園でカタツムリを駆除する方法 : まとめダネ!

』誌に発表された。

【生息地】北海道南部〜九州。 時期:4月~9月 カタツムリは北から南へとほぼ全国的に生息しています。 この例では、飼育環境を不注意に乾燥させてしまったのが死因であるため、実際には更に長生きした可能性もあるという。 実際、飼育している時には貝殻とか卵の殻を与えていました。 , , 右巻き へそ穴は開く。 低標高の乾性林から 高標高の雲霧林まで幅広く生息。 【飼育】大型で活発、飼育もしやすい。

また、燐酸第二鉄粒剤を食べたカタツムリは花や作物の上に汚い粘性の這い跡を残しません。

日本では、一般的に、カタツムリに分類される ものは、オナジマイマイ科・ニッポンマイマイ科の 種類が代表的らしいです。

湿った場所を好み、森林、草原などに生息している。

ありがとうございました。

寒さや乾燥に弱いため、それ以外の時期はあまり活動的ではありません。

「触角は軽く触っても問題ありません。

6~8月の繁殖期には、個体同士でそれぞれの精子を渡し合い、受精、産卵します。

ヒメカタマイマイと似ているが、雄性生殖器の 形態がヒメカタマイマイとは違う。

そのうちラブダートを突き刺すのは、雌雄同体のカタツムリの一部。

伊豆諸島、石川県舳倉島、 山形県飛島などの周辺離島にも分布。

62