かいがく ぜんいつ。 【鬼滅の刃】善逸と兄弟子の上弦の陸・獪岳(かいがく)との戦い! | アニメの時間

その威力は技を放った善逸も重傷を負うほどで、まさに善逸の最終奥義です 他にも鬼はたくさんいたんでしょうが、なぜ獪岳だけ一気に上弦の鬼として出世できたんでしょうか? ここでは 新参者の獪岳が上弦の陸になぜなれたのかについて考えていきます! 呼吸で強さにブーストをかけられる 獪岳は元々鬼殺隊の1人で呼吸が使えます
お前は本当にいい奴だよな しかし、早くも善逸の髪が抜け始め、身体が鬼へと変わり始めていた
そんな想いを胸に秘め、とにかく獪岳は善逸と師匠との関係が面白くなかったのでしょう また善逸は修行場を離れた後も獪岳にまめに手紙を送り、心の底では 「兄貴」と呼ぶなど敬意と親しみを抱いていたが、それが獪岳の心を満たすことはなかった
尊敬していた兄弟子ではありますが、師匠のためにも、獪岳を倒す以外に方法はありません しかし、善逸は笑顔で柔軟をこなし、アオイをいとも簡単に捕まえた
そして17巻では、弟弟子である善逸との再会・激戦が描かれています 獪岳はいつも通りの調子で見下しました
16
善逸に負けたことは不服ですが、善逸が死亡することに安堵します。 鍛錬(たんれん)のたびに、 泣きわめく姿が気に入りません。 機能回復訓練を終えた2人はいつも話す余力が無いほどにぐったりしていた。 そして自らは戦おうとせず、他者に守ってもらおうとする。 更に言えば獪岳の行為によって被害を受けた悲鳴嶼や責任をとって切腹した慈悟郎も憐れみこそすれ、決して獪岳を恨んだり、責める言動はしていない。 響凱は炭治郎が倒し、任務は終了した。 善逸は炭治郎が大事だと言っていた箱の中身を守るために、箱を庇って伊之助から殴られた。
32
獪岳の考え方は、まさにこれですね ただこの神速はスピードがあまりにも速い為、足に負担がかかり過ぎるので、使用限度は2回となっています
反撃する『兄』の鬼に善逸はなんども『霹靂一閃』を繰り出す 炭治郎が女の子を帰そうとすると、善逸が「その子は俺と結婚するんだ!俺のこと好きなんだから!」と口を挟んだ
それを踏まえると、獪岳も短期間で相当な人数を喰った可能性が非常に高そう コンテンツ• ただし、彼の言動を見ればやはり利己的な動機だった事は想像に難くない
善逸は彼らをなぐります 他の隊員たちが、悲しみと悔しさを感じる中、ついに善逸と獪岳が遭遇します
U-NEXTは登録と同時にポイントが600ポイントもらえます それも鬼舞辻無惨の直属の配下である 十二鬼月の1人、上弦の陸となっていました
その経緯は不明ですが、もしかするとお寺の事件がきっかけで、鬼を倒す剣士となる道を選んだのかも知れません しかし、鬼にならなければ獪岳は死んでいました
(中略)俺がいなかったら獪岳もあんなふうにならなかったかもしれない 無限城で出会う善逸と兄弟子の獪岳 お館様の命を狙って産屋敷邸に現われた鬼舞辻無惨
82