富士山 滑落 ニコニコ。 ネット上で男性に怒りの声が殺到 ニコ生配信中に富士山に落ちた“という”人物が「無事です」

ニコニコ生放送中に富士山に登山していた男性配信者「TEDZU」氏が遺体で見つかったと報道がありました まあしばらく安否不明の状況だったので死亡は分かっていない方もいたでしょうが、人の死まで即刻笑いものにしてしまおうの精神は個人的には眉をひそめてしまいます
ただ、人気のある配信は少なく、ほとんどはわずかなリスナーしかなく、「過疎放送」と呼ばれるのだという
他にも配信している動画を確認すると『市谷山伏町の病院で通り魔殺人の犯人は僕です』『で突然を叩き割ったの僕です』『道志村場でを誘拐したのは僕です』といったのものが見受けられ、大きな事件や事故があるたびに、こうした悪質ななりすましと虚言を繰り返しているようです
そして山頂らしきものが見えてきたころ、急激に斜面が角度を持ち、「滑る」を連発 心ないコメントは引く ニコニコ生放送は個人的にyoutubeより面白い(かなり過去形に近いですが)と思っているのですが、悪い意味での真骨頂がこの事故の後に発揮されていました
山はベテランだろうが容赦しません
雪の富士山頂の様子をネットで生配信していた男性がスリップして、「滑る!」という声とともに映像は雪の斜面を落ちていき、やがてフリーズした 山はベテランだろうが容赦しません
静岡県警では、山岳遭難の恐れがあるとみて、29日早朝から救助隊員約10人が御殿場署を出発して、男性の捜索活動を行った いずれにせよ、滑落した配信者が無事に発見されることを祈るばかりです
41
テツは昨年、ステージ4の直腸がんの告知を受けていた。 「カイロ持ってくればよかった」と後悔しているくらいなので、TEDZUさんは冬山登山に必要な装備をきちんとしていなかったとみられる。 テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 は、9月で閉山しているが、動画の内容から、男性は、軽装のまま登山し、冬山に必要なピッケルやアイゼンを持たなかったのではないかとの指摘も出ている。 10月28日、動画配信サービス「ニコニコ生放送」で自身が富士山を登る様子を実況中継していた男性が頂上付近で滑落し、静岡県警の山岳遭難救助隊が30日、男性とみられる遺体を発見した。 不幸な巡り合わせだったのかもしれない。
50