ロイヤル クラウン ダービー。 ロイヤルクラウンダービー Royal Crown Derby

Landscapes on Derby and Worcester Porcelain 1984. 1935年、ロイヤルクラウンダービーはキング・ストリート工房を取得し、二派に分かれていた事業は統合された。 64
フィッシュナイフ• 間もなく、彼のすばらしい仕事ぶりがイギリス国王ジョージ三世の目に留まることとなり、商標に「クラウン」を使用することが認められました。 2000年には、ロイヤルドルトンの元経営者ヒューゴ・ギブソン(Hugh Gibson)のもとでグループから離れ、独立を果たしますが、2013年に彼がリタイアするとともに、会社はストーク・オン・トレントに拠点を置き、イギリス製でありながら和風の食器を生み出す陶器製造会社「スティーライト(Steelite International)」、に売却されてしまいます。 () - グラドストン・デザート・サービス用の習作を製作したドイツ人画家。 イギリスでは最も古い1750年に創業したロイヤルクラウンダービーはイギリス陶磁器界において「ロイヤル」と「クラウン」の両方の称号を与えられた最高峰の窯です。 じつはこのシリーズ、ウィンザー城で週末を過ごすエリザベス女王の朝食用の食器として使用されています。 ピアソン・アンド・サンによって取得され、後にも加わることになる連合イングランド磁器グループ Allied English Potteries Group の一員となった。 これがダービー磁器の近代期の始まりとなった。 ガラス・クリスタル• スタンダードナイフ• 産業革命を彷彿させるモダンな「スチームパンク」 2014年に誕生したスチームパンクは、ホワイトベースとブラックベースの2種類あり、エレガントかつモダンなデザインが特徴です。 ミヤオ• リヤドロ• キング・ストリート [ ] かつての職人たちの一団はダービーのキング・ストリートに工房を開き、名前こそ違うが、以前の型、模様、商標を使い、ダービーにおける優れた職人技の伝統を受け継いでいった。
63