介護 福祉 士 試験 解答 速報 33 回。 【解答速報】2021年1月実施の「2020年度(第33回)介護福祉士国家試験」解答速報|介護のニュース|資格取得応援!ニチイ まなびネット

1 訪問介護員(ホームヘルパー)による調理の生活援助の利用 2 介護支援専門員(ケアマネジャー)の手配による配食サービスの利用 3 社会福祉協議会の生活支援員による日常生活自立支援事業の活用 4 福祉用具専門相談員の助言による四輪歩行車の利用 5 通所介護(デイサービス)の職員による入浴サービスの利用 解答:4 解説:Eさんは、膝の痛みがあり、自宅に手すりを設置しているという情報から、移動に関わる支援が必要と考えられます。

資格を持っていると「介護のプロ」という証明になるため、周囲からの信頼感や評価が大きく変わります。

<領域:人間と社会> 【社会の理解】 問題5. 2 障害者の場合は75歳になると介護保険サービスに移行すると伝える。 問題19. 4 気管内部が乾燥しているほうが動きが良い。 問題7. Eさん(女性,82歳,要介護1)は、夫(80歳)と二人暮らしである。 ただし、事例問題については、介護過程の基礎知識に加え、利用者の状態を身体面、精神面、社会面など多角的な視点で理解したうえで適切な支援を提供する介護福祉士の実践力が問われるため、他の科目と共に複合的に学ぶ必要がある。 1 「医療的なことについては発言できません」 2 「医師の判断なら、それに従うのがよいと思います」 3 「Aさん自身は、どのようにお考えなのでしょうか」 4 「息子さんの気持ちより、一緒に暮らす奥さんの気持ちが優先されますよ」 5 「息子さんと一緒に、医師の話を聞きに行ってみてください」 解答:3 解説:介護職として、本人の思いに寄り添う重要性を理解しているかが問われる問題です。 3 胃ろうや腸ろう周囲の皮膚は、注入開始前にアルコール消毒を行う。 あくまでも自己採点の目安としていただき、最終的な合否の判断はしないでください。 試験の振り返りや次年度への対策として、「ケアスタディ」をぜひご活用ください。
65 86