ナスダック。 ナスダックとは。いまさら聞けない言葉の意味や日経平均やNYダウとの違い

<図表1>ナスダックの主力株が牽引して米国株式は最高値圏で推移. その後、19世紀末に従来のダウ平均(現在の輸送株20種平均)と分離する形で、1896年に農業、鉱工業などの12銘柄により、Dow Jones Industrial Average(ダウ工業株平均)の算出が新たにスタートした。

通常、NYダウとして伝えられる指標は、「ダウ工業株30種平均」です。

当時は250だった数値も2020年11月13日時点で、約11,900にまで成長しています。

前述の通り、ナスダックはアメリカの株式市場の1つですが、ニュースなどでよく耳にするのは、「ナスダック総合指数」ではないでしょうか。

誕生は1896年と、他の指標に比べてもっとも長い歴史を持つ。

なお、30銘柄は時代に合わせ入れ替えが行われており、「工業」という言葉が用いられているが、実際には一定の基準を基に幅広い業種の銘柄が含まれている。

日本にもいくつかの株価指数がありますが、世界的にも知られ最も注目を集める指数は 「日経平均」です。

77
Netflix 他にもさまざまな大企業も上場しており、ベンチャー企業だけでないのが分かります。 その後自動取引システムを導入し、コンピューターシステムの証券取引市場であることを強調した。 1971年から開始された市場で、当初は世界初の電子株式市場(コンピュータシステムのみの 証券取引市場)として注目を集めた市場です。 またナスダック関連の指数として「ナスダック100」がアメリカを代表する株価指数の1つとなっています。 店頭気配自動通報システム。 ナスダックに 上場するアメリカ合衆国と、アメリカ合衆国以外の全上場で構成される 時価総額加重平均指数である「ナスダック総合指数(NASDAQ総合指数|英語:NASDAQ composite index)」は、世界中に注目されています。 今回の調整でも、 他の指数に比べて、ナスダック100指数が売られている傾向が見て取れます。
90