帝王 切開 横切り。 真皮縫合について。予定帝王切開が決まり、横切りの予定です。縫合の仕方を真皮縫合と専用テー…

その後、半年程度の時間をかけて色が薄くなっていきます 私自身の出産準備品は、大体クリニックのほうで用意してもらえたため、私の方ではほとんど用意するものはなくとても助かりました
ですから、予定帝切ならどちらでもかまわないのですが、緊急の場合は正中切開が選択されることが多いです 術後先生から、縦切りの方が次の出産のリスクが低いと聞き、術前はそんな説明もなく次の妊娠も望んでいるのでショックを受けました…縦切りか横切りかもこちらから選ぶのではなく先生がよかれと思って横切りにされたんですが、そんなリスクがあるなら縦に切ってほしかったです
その場合、癒着部位を確実に剥離するには 術野が広くとれることが必須になります 本も一般論であってあなたの身体はみてません
個人差はあると思いますが、横はやはり目立ちません 救急車で個人病院から大きい病院に運ばれる その後、医師と看護師の会話が聞こえてきました
このように医師側からすれば、胎児の娩出や今後何かの手術にも対応しやすい【縦切り】を好まれる方が多いかと思いますが、 女性のデリケートな気持ちを良く理解してくれる医師で、どちらでも手術が可能な場合と判断された方は、医師から【横切り】を勧めて下さると思います でも実は、 あまり語られないようですが 安易に横切開を選んだばかりに 次回妊娠のときの妊娠経過、 帝王切開の緊急度によって 母子に大きな危険をもたらすケースがあるんです
その場合はいち早く赤ちゃんを取り出すため、縦にお腹を開腹して赤ちゃんを取り出します 母であると同時に、女性ですから、誰しも目立つ傷は避けたいと思うのは自然だと思います
ケロイド化しやすい人 人種で言うと白人よりも黄色人種や黒人に多くみられ、メラニン(皮膚の色素)の保有量が多いほど症状が出やすいと言われています 私もそう言いましたが、医師は耳を貸してくれませんでした
そして最近、友達が縦切りで帝王切開をしたのですが、 産後1ヶ月でほとんど傷は見えないくらいになっている 私の友人がそうでしたが、一人目を普通分娩で出産し、二人目は切迫早産で入院はしたものの、無事退院しその後に普通分娩での出産だったかと思いきや、 常位早期胎盤剥離といって胎児が分娩される前に胎盤から子宮がはがれてしまう病気となり、急遽緊急帝王切開になったようです
51

横だと丁寧に縫わないといけませんし、次の妊娠で裂けやすくなるのも事実です。

腹筋に力をいれるとまだ痛くて完治してない感じです。

横切りー1番のデメリットは、手術時間がすこし長くなること 筋肉を縦に切るために手術工程が増えるので時間がすこしだけかかります。

水着もセパレートタイプもデザインを選べば着られます。

子宮を横に切ることで、子宮に与えるダメージを少なくして、 次回の妊娠での、子宮破裂のリスクを少ないものにするのです。

おへその下から陰毛まで 縦に傷跡が残ってしまい、後々に目立ってしまうと いうデメリットはありますが、 術中に何か問題が起きた時にも 傷の延長が可能なので どんなケースにおいても柔軟で安全な 対応が可能だし、 超緊急時には傷痕うんぬん そんなこと言ってられないからね。

この間は(自意識過剰かもしれませんが)温泉に行っても、腹部の傷が気になってあまり楽しめませんでした。

縦切りだと陣痛が伝わりやすい?らしく、次回自然分娩を考えるなら横切りが望ましいそうです。

緊急帝王切開の場合 緊急帝王切開の場合、 縦切りにして開腹するようになります。

35