体制 と 態勢。 これではっきりした!「体制」「態勢」「体勢」「大勢」の違い

平日のレジは二人体制で対応する• ガバナンスやコンプライアンスも時代とともに変化 社会の変化や事業環境の変化に対応していく。 あとは、やら顧問弁護士からダメ出しされたかどうか。 体勢: 体の姿勢や様子。 具体的には、「経営体制の見直し」や「臨戦体制を取る」のように使われます。 体制:継続的な構造、長期的な構造(例:社内体制)• 冒頭の「当ホテルでは、東京オリンピック・パラリンピックのお客様を万全の(たいせい)でお迎えいたします」 は大会期間中の一時的な受け入れなので、「態勢」となるのです。 体制と体勢と態勢と大勢の違い 最後に「体制」と「体勢」と「態勢」と「大勢」の違いをざっくりとまとめると、以下のようになります。 「大勢」は物事の大体の状況や成り行きのことです。 体勢とは 「体勢」とは、「からだの構え」という意味の言葉です。 何かをしようとするときの、身体の姿勢を言います。
84
また、「おおぜい」と読む時は、多くの人や多人数のことをいい、例えば、「大勢の人で賑わっている」や「大勢の注目を集める」というように使われます。 2021年7月11日 日• まとめ 以上、この記事では、「体制」「態勢」「体勢」「大勢」の違いについて解説しました。 例えば、「外国人の受け入れ『たいせい』を整える」と言う場合、一時的に外国人を受け入れられる状況を整える時は「態勢」となり、長期的な視野でシステムを構築する時は「体制」となります。 例えば「たいせいを整える」はどちらの漢字も使えるのですが、用いる漢字によって状況が変化します。 「核態勢」の意味 二つ目の「核態勢」とは、その時々の状況に応じて核兵器の配備や運用の仕組みを整えることを意味する言葉です。
58