深田 恭子 ヤング ジャンプ。 週刊ヤングジャンプ 2020年 5月 7日号【表紙巻頭:深田恭子】 : ヤングジャンプ編集部

深田恭子が14年ぶりに『ヤングジャンプ』表紙に登場! 2016年7月21日 😭 昨夏に放送された第1シリーズと同様に、深田さんは真っ赤なボディスーツとアイマスクをつけた妖艶な姿を披露。

この水着は布地が小さく、深キョンの大きなヒップを隠しきれていません。

続編が発表されたときに驚かされたのは、深田さんのライバル的なポジションに現在21歳で16歳年下の橋本環奈さんがキャスティングされたこと。

7月8日(金)に放送がスタートしたドラマ『こえ恋』(ほか)に出演するなど、活躍の場を広げる大型新人女優の、清楚な制服姿やワンピース姿に注目だ。

「ヤンジャンの表紙に起用される女性タレントは最近でみると、ラストアイドル、えなこ、山田南実、小島瑠璃子など、10代から20代で構成されています。

この水着は布地が小さく、深キョンの大きなヒップを隠しきれていません。

22
改めて深キョンのヒップの素晴らしさが浮き彫りになりました」(グラビア誌編集者) 表紙は水着姿でヒップを突き出した何とも煽情的なショット。 とりわけ写真集は30代に入ってから、年1冊以上にペースアップ。 原作:一色伸幸・おかざき真里• とりわけ写真集は30代に入ってから、年1冊以上にペースアップ。 というよりも、もう37歳だったのかと驚くコメントも・・・ もう37歳だったのか。 神経質な方はご遠慮ください。 ところが、ヤンジャンのグラビアはヒップに焦点を当てている。 というよりも、もう37歳だったのかと驚くコメントも・・・ もう37歳だったのか。 正直に言うと、当時もっと可愛いと思っていたアイドルはいた気がする。 「ヤンジャンの表紙に起用される女性タレントは最近でみると、ラストアイドル、えなこ、山田南実、小島瑠璃子など、10代から20代で構成されています。
3