インパール 作戦 牟田 口。 「悲劇のインパール作戦」を生んだ牟田口・河辺・東条|日経BizGate

非国民だ」というような「灯火管制警察」は、すでにあちこちに現れているのではないだろうか。

当作戦の従軍体験を著書や講演で語っていた。

荷物を運ばせた後(またはその最中)に、その牛を食べればいい。 地理的状況 この作戦の困難さを、吉川正治は次のように説明している。 参謀畑を歩んでいた牟田口を、支那駐屯軍に左遷せしめた二・二六事件とその後勃発した盧溝橋事件。 地元住民の中には、食料と交換した軍票やなどの遺品を保管し、遺族の訪問に備えている者もいる。 兵棋演習は夕方暗くなるまでかかった。 ビルマ方面の日本軍を指揮した、第15軍司令官・牟田口廉也中将である。 牟田口の「悔恨」が招いた無謀 強硬姿勢を貫き独走する牟田口と、部下を抑えることなく放任した上官の河辺。 なぜそのようなことをするかと聞くと、「アメリカの人工衛星に我々の団結力を見せつけるためさ!」という返事が返ってきたが、当時の北朝鮮は慢性的な電力不足。 ところが、この広中記事について、異論を唱える方がネット上で相次いだ。 そして、大本営はついにこれを承認した。
42 38 5