仮面 ライダー ゼロワン 変身 シーン。 『仮面ライダーゼロワン』伊藤英明が変身ポーズを生披露「人に夢を与える仕事ができてよかった」

制作側・キャストの気合いのこもった変身がアツい! 画像引用元 『仮面ライダー』シリーズといえば、格好いい変身シーンとスタイリッシュな必殺技が魅力的ですよね。

あまりの威力と攻撃範囲故に自分まで衝撃波に巻き込まれてしまっているが、前述の通り肉体再生能力を使用する事でカバーしている。

初登場は第12話「アノがやってきた」。

ただし、これらの能力はあくまでも 全身がナノマシンの塊となっているエデンだからこその能力であり、そのナノテクノロジー自体は幅広い応用が可能な分 それ相応に変身者の力量が必要となることを考慮すると、厳密には エデンの能力と言うよりはエス自身の身体能力によって可能になった物とも言えるかもしれない。

基本はライグホッパーとべかに向上しており、仮面ライダーゼロツーと較すると性は及ばないものの、を用いたではのムとなる。

ただ、と言うよりはに韻を踏んでいるだけとも。

ガドとの2形態に変形する。

「」を用いてする。

15
初時はライグホッパーの1. 4話 恩に、着るよ! を意味する「恩に着る」という言葉と洋を上に着るという意味の「着る」をかけた。 テレビでは主に変身してから戦いますから、生身でのアクションは初めてでした。 サウザンドブレイク 或人「世界を滅ぼすキーを渡せ!」 エス「違う…『楽園』を創造するキーだ!!」 ヘルライズプログライズキーが装填されたサウザンドジャッカーのレバー及びトリガーを引いて発動。 イズ「発生です」 22話 今年はを倒すザ・イヤーだあ! イズに催促されて出した。 など中に登場しないもあるが、そちらもに設定画が存在する。 9話 がの意志なら、 こっちはゼーンのイシがついてるからな! の意志のもと人類を滅亡せんと動くの滅に対して言い放った。 演者である伊藤英明氏の本人ボイスに加えて、劇中の活躍を再現した必殺技も実装された。