キングダム 636。 最新ネタバレ『キングダム』637

飛信隊 ひしんたいの古株の 尾平 びへいがバタンと倒れると、他の隊士がしっかりしろ、立てと勇気づけています 民衆を入れた事が仇となった
飛び降り自殺を図る 他にも楊端和側の橑陽からの持ち込みなども可能性アリ
驚くべき速さ 仕方ないので、慶と昂が尾平に肩を貸してくれることになりました
部下も驚いて開いた口が塞がりません 食物さえあれば、こっちのもの
秒殺されていく守備兵たち 跳ね返ってきた兵糧攻めのつけ・・・ 王翦 おうせんの描くシナリオは・・・! 秦が列尾に集中できないように仕向ける必要があったのです
78
王翦軍が列尾を通ってきた時とは比べ物にならないくらい、さらに軍が強化されていました。 秦国では昌平君が介億を派遣 場面は変わって秦国・咸陽(かんよう)にも、鳥の知らせで鄴が崩落した知らせが届きます。 本来であれば、李牧軍は疲れ切った後続軍を攻撃していたはず。 黙っている尾平たちに対して、荷車を引く兵士は激怒。 河了貂は厨房脇で調理のお手伝い。 ここで皆死んでしまったら、今までの犠牲は何だったのでしょうか。
66