沢越 止。 イタズラなKISS

アニメ版では説明されず、彼女も知らないが、圭の姪で、碧の異母姉妹でもある 入江紀子/金ちゃんに手を出したと勘違いしたクリスに罵倒され、心臓発作を起こし、病院送り
Summerラディッシュバケーション! 止の子孫の大半は止の性欲の強さが引き継がれている 妊娠や出産はまだ難しい年齢だったが、止が作らせた怪し気な薬のために早熟な身体となって妊娠する上、後には空とも肉体関係を結ぶ
『PureMail』のストーリー終盤では、重蔵と離婚している ストーリー [ ] 主人公は、ともに斗南高校に通う相原琴子と入江直樹の二人である
(以降、『スノラデ』) - 主人公 琴子を金属バットで殴りかかったり、入江に無理矢理、牛皮ステーキを食わせたり、琴子に向かって「役立たずの豚が!」と暴言を吐いたりと、問題行動が多い
この悲惨な体験が、原因を作った止の財産を奪おうとするきっかけとなった 中学の時に弟とセックスをしました
・世界の解体死体=屋上(学校?)で言葉の指紋が付いた凶器や鴉の群れと共に発見される 家系図をご覧下さい
沢越 巴(さわごえ ともえ) 『スノラデ』のヒロインの1人 在本作故事开始前泽越止就已与伊能理央(曾孙女,女儿)有染,理央因此生下伊能理沙
间瞬来Radish打工的原因一方面是母亲说她的友人神乐的店里人手不足,另一方面是间瞬很喜欢自己的母亲,但对于母亲和止在一起又很不爽,和母亲大吵一架 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、芸能界に女優として復帰し、幾つもの映画に出演するほどの人気ぶりである一方、交際相手の圭に「ライバル女優を犯してビデオに撮って弱みを握れ」という指示をしたり、「浮気をしたら圭も浮気相手も殺すかも」と言い、浮気相手がいる場合は浮気相手の数だけ圭にハサミを送り付けるなど、さらに腹黒い性格になっている
16
祖母と母親が共に止と肉体関係があることを知っており、異常さを感じることなく受け入れ、止と肉体関係になる。 夫の智正とは事実上の異母兄妹に当たるが、おそらく母親の配偶者が彼女の戸籍上の父親となっており、実父の存在を知らない。 間瞬と間時の弟で末っ子にあたる。 神乐与止在止居住的房间里谈判,才知道止早已经与班上的所有女同学发生关系,神乐是最后一个。 やや無神経な性格。 勝手に仕事を放り出して帰国したるり香を、連れ戻しに来る。 エンディングは2種類。 沢越止の孫。