仮面 ライダー オーマ ジオウ。 larrytheliquid.comts仮面ライダーオーマジオウレビュー! 最強王…フィギュア界に降臨!

名称はで判明。

並行世界の西暦2040年で仮面ライダークイズに変身する青年。

その後、ブレイドに変身した剣崎と交戦後、アナザーブレイドにカリスとジョーカーの力を奪われ、人間と同等の存在になった。

彼の玉座が人のいない荒野にポツンとあるのは、無関係な人を巻き込まない為なのかもしれない。

そんな中でソウゴは、おじさんの順一郎と一緒にご飯を食べていたのです。

『』から登場 EP35・EP36に登場。

「若き日の私よ。

77
平成ライダーらしさを出すため、肩に連動アイテムを付けているようになっており、ほとんどが肩パーツと胸パーツの上部、太腿中央のパネル、腕の専用武装を換装している。 またオーマジオウに次ぐ中ボス的な立ち位置としても想定されており、中盤で白ウォズを吸収して本性を明かし、ギンガファイナリーとなって立ちはだかるという展開が予定されていた。 その正体は、10年前の2009年4月24日に起こったバス事故で、両親を失いながらもソウゴと共に生き残った少年で、バス事故の発端である白い服の女(ツクヨミ)がソウゴの名前を叫んでいたことから彼を両親の仇として憎んでいるが、実際には未来の王の資格を持つ者を探していたスウォルツの陰謀によって起こったものであり、ソウゴと同じ2000年生まれの子供であったことから起こったものであった。 オーマジオウは本編において、過去の自分であるソウゴに何度か接触し、自らを倒すための力=レジェンドライドウォッチを集めさせ、その力によってソウゴが自分よりも強いライダーとなることで未来を変えるよう暗躍していた。 本作品オリジナルの仮面ライダー )については「」を参照 ジオウとゲイツ、ツクヨミは本作品のキーアイテム ライドウォッチで変身する。 「ツクヨミイイイ!!うああああああああああ!!!!」 怒りが頂点に達した仮面ライダーオーマジオウは、オーマジオウのすべての力を怒りとともにスウォルツにぶつける!! 『 終焉の刻! 逢魔時王必殺撃! 』 歴代仮面ライダーの中でも規格外の力を持つオーマジオウの究極必殺技「逢魔時王必殺劇」! 平成仮面ライダー最後のライダーキックであり、ミスター平成仮面ライダー「高岩 成二」さん最後の主役仮面ライダーとしてのライダーキック! アナザーディケイドの肉体を貫き爆散! 仮面ライダーオーマジオウの勝利。
56

演出は、柴﨑監督です!!! 仮面ライダーのいない世界から現れた怪人の数々・・・。

オーマジオウとなったソウゴはこの世界に未来永劫君臨することを約束した。

契約イマジンのと行動を共にしている。

かつて隕石が落下して壊滅したはずの渋谷が何事もなかったかのように繁栄していることについて疑問を抱いていたが、劇中では明確な説明はなかった。

ジオウとの戦闘でジョーカーの力を使った始に呼応して現れ、ブレイドに変身し二度に渡って交戦するが、アナザーブレイドによってブレイドとジョーカーの力を奪われてしまい、人間と同等の存在となる。

この背中の時計は「アポカリプス・オブ・キングダム」という名称があり、針1つが「アパラージタ(インド神話の武器)」という剣のようです。

EP01 - EP12 西暦2018年の秋。

魔王になるため、悪い王の勉強をしに自身の軍門に降ったソウゴを王室直属の騎士団長にするが 、自身の考え方に嫌悪感を抱かれ反旗を翻される。

2050年生まれの18歳。

ぐるっと一周して、元に戻ったように見えても、未来に進んでるんだ」 ここに来ていつものポジティブシンキングを発揮するソウゴ。