ランクル 70 再販。 ランドクルーザー70シリーズのボディサイズ、前期後期の見分け方をご説明!|ランクル専門店ですのでランドクルーザーだけ..|flexdream blog

70に興味を持ち始めたきっかけは、数年前にどこかで見た雑誌の小さな記事。
いかがでしたでしょうか?? 人気の王道カスタムパーツから最新パーツまで盛りだくさんのカスタムデモカーです。 よってランクル70といっても、大きく分けると2種類ある。 インパネはスパルタンから安全性重視へと変化 ではどうしてもランドクルーザーの本質であるフレームやボディの堅牢さやサスペンションの確かな働きなどに目が行きがちですが、旧型と再販モデルのランドクルーザー70ではインテリアにも違いがあります。 オーディオやエアコンの操作系、エアコンの吹き出し口の配置などは似ていますが、旧型は一部スチール材が残る角のあるデザインで、再販モデルは全面が樹脂で構成され丸みを帯びたデザインになっています。 Wキャブのホイールベースは4ドアセミロングより450mmも長い3,180mmで、ボディ全体では460mmのロングとなる5,270mmです。 再販、復活モデルも丸目を期待されていた方も多いかもしれませんが残念ながら丸目ではありません。 ちなみに、1年間限定で再販売された復刻70(私の愛車です)にはATはありませんが、 復刻前の丸目の70にはATの設定があります。
2

FJクルーザーやランドクルーザープラドと同じ「1GR-FE」型ながらも、あえてデチューン(性能が抑えられた)が施されています。

丸目ではないんだ・・・残念!という方はランクル80丸目はいかが?? ランクル80丸目2灯換装画像 Ver. なので、この車に乗って6年目に突入した私が言いたいのは「見た目だけで購入すると、維持が大変! やめておいた方がいい」ということと同時に、「維持費は高いけど、ランクルだからこそ楽しめることがあるよ」です。

71はガソリンエンジンのみとなりますが、76と78はどちらかがチョイスできるのもうれしいポイント。

ただ、現代の低燃費車に慣れた感覚からすると、それなりの大食いであることは覚えておいてください! また、高速道路料金の車種区分で「中型車」になるので、 普通車よりも料金が高いです。

想定外の反響の結果、海外向けの生産枠を急遽国内分へ振り分けたと言われるほどです。

未だに根強いファンの多いランクル70は再販を望む声も当初よりとても多く、実は何年も前から再販される、というウワサは後を絶ちませんでした。