雇用 調整 助成 金。 事業主の方のための雇用関係助成金|厚生労働省

以下の様式例もお使いいただけます。 21
作成の際はぜひご参照ください 持続化給付金をはじめ他の給付金等については、 給付が確定した時点に収益に計上するものがほとんどです
ただ、感染が拡大している地域(まん延防止等重点措置対象地域の知事による基本的対処方針に沿った要請)、生産指標(売り上げなど)が直近3か月の月平均と前年または前々年の同期と比べ3割以上減少した全国の事業所については、「雇用調整助成金」の特例を措置する 必ず上から順にお答え下さい
まん延防止等重点措置とは? 「まん延防止等重点措置」は、新型コロナウイルスに係る特別措置法の改正によって2021年2月に新たに設けられたもので、感染症が急増している局面で、緊急事態宣言を出す状況に至らないよう、予防的に地域を限定して集中的な対策を可能にするための措置です 出向の場合は最長1年の出向期間中受給できます
今回は、雇用調整助成金を申請した後の経理処理についてです 4月末まで特例措置による給付は1人1日当たり上限1万5千円(助成率最大100%)となっていますが、5月以降は第一段階として原則上限1万3500円、助成率最大90%までの引き下げを行い、6月以降も雇用情勢が大きく悪化しないかぎり、一部の「まん延防止等重点措置指定地域」を除き、特例措置の縮減を段階的に進めていく予定です
詳しくは、各助成金のページに掲載している支給申請書等をご参照ください 雇用調整助成金(一般措置)の取扱い 雇用調整助成金は、新型コロナウイルスなどの影響を受けて経済活動が縮小してしまうような事業者が、従業員を一時的に休業や教育訓練を行ったり、出向させたりすることで雇用の維持を図った場合、その従業員へ支給した休業手当や賃金の一部を国が助成するというもの
(上記に該当しない企業については、令和2年1月24日以降の解雇等の有無により、適用する助成率を判断 また、離職日の翌日から雇用はされないが次の就職先が内定している場合は助成金の対象外となる
〔3〕出向の場合 対象期間内に開始され、3か月以上1年以内に出向元事業所に復帰するものであること 5月と6月にまず少し縮減され、その後は更に縮減されることが決まっています
36