ラフテル laugh tale。 ラフテルとは?綴りはlaugh taleで笑い話?ビンクスの酒との関連も考察|MANGA LIFE HACK

が会話で「王の誕生にクジラ達も喜ぶ」としている また、ロジャー海賊団が最後の島に辿り着く模様が描かれた原作漫画967話でも、航海中の彼らが「ビンクスの酒」を歌っている描写があり、ラフテルと関係があることを示唆しているのではないかと思われます
ただ、その1つは今のところ所在不明 シャンクスは、ラフテルから帰ってきたロジャーに何か質問すると、彼にしがみつきながら泣きじゃくってしまいます
残る1つを見つけることができれば、ルフィたちは「ラフテル」へ行けるということです もしかしたら、ラフテルには二つの解釈が存在するのかもしれません
ラフテルの綴りは「laugh tale」意味は笑い話? このlaugh taleという言葉を調べてみると 意味は「笑い話」と出ました ラフテルに上陸するために欠かしてはいけない何かが存在するとも考えられますね
2つの島はもともと同じ島であるためログポースの針は指さしませんが、もともとは同じ島であったので 「ラフテル」がグランドラインの「最後の島」であるというのは辻褄が合うのです ということはつまり、 巷ではこの事について色々と解釈が出ているが蓋が開けられるまで具体的にどのような意味が込められているのか分からないと思う
最終地点「ロードスター島」から「ラフテル」にはログは指さない そもそもラフテルという言葉がその時に言われてないとするならば、正式な綴りも存在しないのかもしれません
96

ラフテル:「巨大な王国」の情報を知る何か ロードスター島:巨大な王国の文明の跡 よって、2つの島には 巨大な王国の遺跡のようなものがあり、それこそが「歴史を知る何か」であり、「王国の文明の跡」だったのではないでしょうか。

巨大な王国:ポーネグリフと昔の文献上に「浮かび上がる」• ラフテルに辿り着くには、4つの「ロードポーネグリフ」が必要! ラフテルというのはこれまでに海賊王の一団しか確認したことがないとされている、グランドラインの最終地点であるとされている島です。

」 引用: ワンピース41巻395話 「巨大な王国」と「ラフテル」に関しては同じ表現も見られます。

リーズナブル• オハラのクローバー博士は、死ぬ間際にポーネグリフを解読して立てた仮説を話します。

その英語のスペルが劇中で Laugh taleと表示されたのだ。

次に、3~4番目の歌詞は歴史ではなくラフテルへの行き方やその時の諸注意を伝えるメッセージ。