見積 書 依頼 メール。 見積もりの作成を依頼するメールの文例

見積書の作成、送付を依頼することになった理由を述べる• お金にまつわる重要な書類であるということを自覚し、スピードも優先しつつ、それでいてミスのない、丁寧な仕事を心掛けてください。 もしあなたが発注側で、発注を請ける側がどうしても発注請書を用意してくれないなら「手間」がネックになっているかもしれません。 この 「Re:」は「~について」という意味の、件名との関連性を示す表記です。 重要書類を送っていることを自覚し、ミスなく丁寧なメールを送りましょう 見積書を送ったからといって、必ず受注ができるかというと決してそんなことはありません。 そのためには発注書と発注請書が一緒に作れる効率的なITシステムが必要です。 ご査収のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
30
発注、検討、お断りなど内容によって、多少文面は異なりますが、 大切なのは「わかりやすく、丁寧」なこと です 開封まで時間をおいた場合や、受信ボックスを後から確認した場合でも内容がすぐ理解できるよう、件名は具体的であることが必須です
24時間以内には対応するように心がけてくださいね icon-arrow-circle-up メール宛名の書き方• 見積書の提出は受注への最終局面 本来であれば直接お客様の元へ出向き、説明も交えながら渡したい見積書ですが、業務スピードの向上や、より効率的な動きが求められる現在、メールで送付するという方法が主流になってきています
見積書〇〇の通りに発注させていただきますので、よろしくお願いいたします 実際、口約束も法律的に有効な契約として成立することが民法で定められています
しかし、いくら関係の深い取引先であったとしても見積書を作ってもらうほうが良いでしょう 「お見積書をお送りします」といった、誰が見てもひと目で内容がわかる件名をつけるようにしましょう
見積もりを依頼する側であっても、相手に「してもらう」立場である事を念頭に置いて丁寧に相手の対応を促しましょう 納品までの期間は、ご発注いただいてから約2週間を予定しております
」と、お礼と発注を一度で行うケースもあります 大切なのは手段ではなく、目的です
取引条件• 期限が書かれていないと相手はいつまでに作業を行えば良いのか分からず、優先度が低い案件だと見られる可能性もあります XXXX株式会社の〇〇でございます
必ず発注書のPDFをメールに添付する 後から水掛け論にならないために、「どのように発注したか」が具体的に分かる証拠として 発注書を用意しましょう 一般的な見積もりメールの書き方 日頃の感謝の意を伝える これはビジネスメール全般にいえる事ですが、普段から取引をしている相手であれば、日頃の感謝の言葉を添えるのが一般的です
見積もりした背景なども簡単に伝えておくと丁寧 その場では理解したつもりになっていても、記録を残さないために後日ミスや漏れが発生しやすくなる環境です

どんな場合でも共通して必要なのが、 見積を依頼してくれたことへのお礼。

見積書の送付期限を必ず明記する 依頼メールには、見積もりの返答期限を明記するようにしましょう。

そのために以前に送ってるメールの全文を載せて「下記について…」と書き出せば、こちらからは確かに送っているということが分かります。

添付した発注書の内容を本文にも記載する 本文には、発注する内容を具体的に箇条書きにしておきます。

万が一認識のズレが生じたとしても、書面にさえ残っていれば、言った言わないのトラブルを防ぐことが可能でしょう。

突然のメールご容赦ください。

見積もりを依頼する場合は、どの程度検討しているかなどを具体的に記述しましょう。

手段はどれでも構いません。

あなたが発注を受けた場合に、どのようなメールで対応するか考えてみましょう。

また追加でご相談することもあるかと存じますが、その際にはお力添えいただければ幸いです。

76