捕食 植物 デッキ。 【捕食植物(プレデタープランツ)デッキ】カード効果26枚,デッキレシピまとめ

《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》関連のカードをと組み合わせてこの短所を補うことができるので、混合デッキを考えてみてもいいかもしれません 相手フィールドのモンスターも素材にできますが、この効果を活用して出せるのが《捕食植物トリフィオヴェルトゥム》のみ
次点は征竜でしたがとなってからはさすがにデッキパワーが落ち後塵を拝していました 結局3年間ほとんどこれをやってましたよね
今回のレシピだと、• 先攻ならエメラルで1ドロー、後攻ならガガガザムライをたてることで合計9100となりワンターンキルが可能になります 自分・相手フィールドから、闇属性の融合モンスターカードによって決められた、 自分フィールドの闇属性モンスター2体以上を含む融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する
効果は受動的で、捕食カウンターを置く効果も持っていませんが、 メインデッキに入る捕食植物で初となるレベル8モンスターになっています 歴代の主人公は強い意志を持っていたと思います
先攻制圧と後攻ワンキルは当たり前に近いような環境になり手札誘発が10枚も積まれる現状です 《捕食計画》 通常罠 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない
しかしシリーズをおうごとに視聴率は右肩下がり、インターネットやの台頭などもはや多くの新規を望むことは難しいです また、融合するカードの枚数も重要です

その後、破壊したそのモンスターの元々のレベル分だけ、このカードのレベルを上げる。

《プレデター・プライム・フュージョン》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。

やっぱ最後はラスボス対主人公のデュエルが見たいじゃないですか。

9期ではほとんどのデッキに標準装備となりましたが当時では驚異的だった効果を持つネブラディスクの登場によりワンキル性能を高めた先史遺産とバック破壊をためらわせるAFの組み合わせで光、星5という相性の良さからプレアデスも展開できるなどの強さを持っていました。

いくらなんでもお粗末すぎるよなっていう。

1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。