長岡京 ワラビ 採り 殺人 事件 真相。 ワラビ採り殺人事件 ネットで囁かれる猟奇的犯人像

警察や消防隊も加わった大規模な捜索が行われると、失踪から2日後の25日、山の頂上付近で無残な姿で発見されたのだった。

その時間は、(死体現象の検視により)おおむね午後一時半から二時の間と見られている。

ところがこの 『長岡京殺人事件』から 5年後に、主婦Cは同じ市で首や背中をメッタ刺しにされた上、布団に包まれた状態で火を点けられて殺害されたそうです。

被害者の主婦Aさんは当時43歳、Bさんは32歳でした。

事件発生は1978 昭和53 年11月23日夜。

CIAは日本の山でも洗脳した工作員に事件を起こさせるということも多く行っているそうです。

CIAによる傘下のハンターに洗脳して猟奇的に襲わせるという洗脳実験だったと思いますね。

事件があったのは、タケノコの収穫をしている時でな、人は多かったよ。

現場となった山についての情報や、被害者である2人の主婦の情報について見ていきましょう。

75 76