イッテ q よしこ パンツ。 『イッテQ!』よしこが“男子トイレ直行”ハプニング「死ぬほど笑った」

周囲は「ケツ!ケツ!」と焦りながら指摘していた。

よしこが慣れないスケートに挑戦したところ、思わぬハプニングを起こして視聴者を沸かせた。

しかし、仲介役をお願いしていたスティーブンのチームメイトによると、スティーブンはやはり、よしことの縁を元通りにするつもりはなく、ただ一言「会わない」という選択を行ったという。 ガンバレルーヤよしこさんはオーストラリアへ行き、まずはじめに先住民族・アボリジニの格好をして踊りを披露したのですが、動物の動きを真似て作られている踊りをしてピョンピョンと飛び跳ねていたところ、胸に巻いていたブラジャーのようなものがポロリと落ちました。 芸人以前に女性だし、そもそも男女問わず子供が観る番組なら隠すのが優しさでは. 途中、いとうがカメラに背を向け踊ると、ニットがちらりとめくれて尻の肉がチラ見え。 イッテQでは過去にも、森三中、おかずクラブ、いとうあさこさんなどのレギュラー女性芸人たちが、胸やお尻などをポロリするシーンを放送しています。 よしこが慣れないスケートに挑戦したところ、思わぬハプニングを起こして視聴者を沸かせた。 胸と腹の膨らみが目立つ格好で、ダンスを交えて斉藤由貴の『夢の中へ』を歌唱した。 (C)まいじつ 8月18日放送の『世界の果てまで』()で、『』のよしこがコスプレを披露。 芸人とはいえ同性が大事なところをポロリする姿なんか見たくない• 途中で『ペットボトルチャレンジ』に挑戦した。 肌荒れへの悩みやよしこへの同情により、こうした流れを不快に思う者が出たようだ。
34
しかし、いざネズミを目の前にすると絶叫しながらその場を離れてしまうよしこ。 よしこは「子どものときに家にあった」というが、ローラースケートに乗った記憶はないという。 よしこは周囲の助けを借りずに体育館内を滑ったものの、止まりきれずに男子トイレに直行。 同時にスタッフやVTRを見守ったキャストが、よしこの左目を見て笑い声を上げたことに呆れていた。 しかし、ネット上には、 《よしこも気にしてると思うから、いくら芸人とはいえいじるのやめてあげて》 《こんな面白ネタにされてんのが耐えられない》 《笑いのネタにする神経が分からないし、何も笑えることじゃないですよね》 《自分に言われてるみたいに悲しいです》 《笑って話してるけど実際よしこ肌荒れ気にしてると思うからかわいそう。 「ガンバレルーヤ」は本場・アメリカでチアリーディングをすることになり、全米2位に輝いた強豪クラブチームに3日間弟子入り。 その後、カメラマンは本人のもとに寄り、ロケの趣旨を説明。
96