土谷 正実。 大峯泰廣刑事の今現在や経歴、オウム真理教土谷正実からの「地下鉄サリン事件」の取り調べ方法は?【シンソウ坂上】

成績は良くなかったが、高校2年生の時にイオン化傾向に興味を抱いて化学を勉強し始め、学年トップになる。

「麻原よりも先に死刑になりたい」 などとつづられ、量子力学の本を写経して日々を過ごしていることを明かしていたそうです。

自分を偽装し自分を信頼させて入信させる 稲川は麻原の説法など大量の書籍を読み込み、その知識は教団幹部の新實に匹敵するものとなっていた
こうして閉鎖空間の中で信者たちは、麻原へ絶対服従していったのだ 麻原をまだ、尊師と呼んでいた
オウムに見つからないよう境内の裏門から脱出し、用意していた車で オウムの監視をくぐり抜けた土谷は、寺の関係者と東京へ向かった オウム捜査の 中心をになっており、麻原彰晃の妻の 取り調べも行っています
実行犯は地下鉄へ 幼少期は内向的でおとなしく、のちにオウム入信をめぐって激しく対立することになる母親から非常に可愛がられて育ちました
化学兵器を持つことが敵に対する抑止力になる」「オウムから仕掛けることはない 報道関係者が沿道に陣取る中、誰にも気付かれることなく拘置所を後にできました
そして1994年6月 『オウム法廷4』、1999年3月
7 32
坂本弁護士一家殺害事件などあわせて7つの事件で殺人などの罪に問われ、死刑が確定した。 という説法だった。 ここに1週間ほど閉じ込められ、幻覚と恐怖から信者は教団に逆らう気力を失っていく。 あれだけ憎んでいた麻原と最期まで同じだったとは……。 実験装置の注文から支払までを担当し、化学機器のカタログを見ては金に糸目をつけない買い方で次々に注文。 そして、多くの信者がそうだったように土谷も取り調べで黙秘を続けた。 なぜ、これほどまでにオウムは、土谷に執念を燃やしたのか。 そして. 1992年に麻原彰晃に「1997年から日本は 崩壊する。
90