旭化成 工場 火災。 ルネサス工場火災の生産停止の影響で車載半導体不足に拍車がかかる可能性

ですが、ここで問題が発生します。

また、窮状を救ってもらった経緯から生産委託を即座に打ち切りにくい側面もある。

同社は10月30日に 旭化成 3407 のグループ会社である旭化成エレクトロニクスの半導体製造工場 以下 同工場 の火災により 当該工場の復旧の見込みが立たないことから 同社製品に使用する電子部品の調達が困難となり 翌期以降の研究開発 生産および販売に重大な影響を及ぼす可能性が生じたと発表した. あとはパワーステアリングメーカー大手だとかなぁということで、ボッシュやジェイテクトのプレスリリースを調べてみたんだが、部品供給について何ら記載なし。 内閣府• 月1万5千枚の少量多品種生産で、中には特殊な半導体もあり他社が代替生産するハードルは高いという。 供給面でも混乱が続き、3月には自動車向けで高いシェアを占める半導体大手ルネサスエレクトロニクスの那珂工場(茨城県ひたちなか市)で火災が発生。 また別ルートからの話によれば、国内メーカーは、すでに代替品への設計変更をスタートさせているとのことで、比較的近いうちにAKM以外のチップを搭載した新製品を発表したり、見た目上のデザインは同じだけれど、やや性能やスペックが異なる新リビジョン製品を発表するなどの動きが出てきそうです。 横滑り防止装置は、多くのクルマに採用され始めている。 各社は代替品探しに動くが、特殊な製品もあり影響はさらに拡大しそうだ。
この記事を書いている時点で既に20日以上 経過していますが未だに被害の全容が不明。 工場内にまだ使える部品があれば良いが 火災で塩化水素が溶けたと思われる 酸性の液体の影響で現場検証もまだ。 新型ハリアーって月販目標2,500台のところ20,000台のオーダーが入ってるっていうんだから、そりゃ納車時期未定にもなるよね。 復旧のめどは立っておらず、カーオーディオなど車載関連にも使われているため、自動車各社に影響が波及することも懸念されている。 これによるとZOOMが開発、販売する主要製品のほぼすべてに、延岡工場で生産された電子部品を使用しているとのことで、火災発生を受けてZOOMがもっている部品在庫数や使用計画、市場から調達可能な数量調査を行っているとのこと。 7型、8型は2月にデリバリー開始かは?な 状況みたいです。
85

まぁ、1月4日以降に企業活動が始まったら、あちこちメールや電話しまくって情報かき集めて記事を更新しますね。

部品に使用する半導体の調達が難しくなるためで、少なくとも3社の生産が来年1月以降、4~5割程度減るとの予測も出ている。

消火訓練も年2回続けるが、従業員は「初期消火に向かうより火の回りが早かった」と話しているという。

この結果、はやくても11月下旬にならないと現場検証ができないということになってしまいます。

20時05分、避難勧告は長浜町、別府町、浜町の1884世帯4861人。

初期消火に駆け付けたが、すでに火柱が上がっており、「消火は無理」との判断から避難指示を出したという。

4~5割の減産っていったら相当なもので、自動車だけに経済に与えるインパクトも相当なものになるはず。

ファウンドリがフル稼働しても間に合わないほど、車載半導体を中心に世界的に半導体が不足し、納期遅れなどが各産業で生じるようになってきている。

81