セレコキシブ 錠。 セレコックス錠(セレコキシブ)の効果と特徴

妊娠末期の女性。

気管支喘息のある患者[喘息発作を誘発する恐れがある]。

89 59
急性疾患(手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛)に対する使用において、初回の投与量が2回目以降と異なることに留意すること。 通常、成人にはセレコキシブとして1回100~200mgを1日2回、朝・夕食後に経口投与する。 循環器: 0. セレコックスを含むNSAIDsは、PGを生産する経路であるアラキドン酸カスケードをブロックすることでその効果を発揮します。 肝不全、肝炎、肝機能障害、黄疸:肝不全、肝炎、AST上昇 GOT上昇 、ALT上昇 GPT上昇 、ビリルビン上昇等、黄疸の発現が報告されているので、定期的に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合は投与を中止するなど、適切な処置を行う。 0442)をもってセレコキシブ群に心血管イベントの発現率が低かったことが示された。
18