ソフトテニス 天皇 杯 2019。 日本ソフトテニス連盟 » 2019年度大会結果

おめでとうございます! 自分は三重の鈴鹿の1回しか出られなかったなー 大学生の時に1回くらい出たかった・・・ 年度 開催地 天皇賜杯・男子 皇后賜杯・女子 1946 京都府 磯部亀雄・石川長一 東京 千葉ハツノ・大門セイ 福島 1947 埼玉県 今井芳夫・石橋良一 岡山 森本登志子・船橋登喜子 三重 1948 愛知県 岩佐正治・石川長一 東京 磯部誠子・神和住静子 東京 1949 東京都 岩佐正治・安友省三 東京 磯部誠子・神和住静子 東京 1950 兵庫県 今井芳夫・三宅平 岡山 何久層 生川久恵・島田一子 三重 四日市高校 1951 三重県 今井芳夫・三宅平 岡山 何久層 大葉ハツノ・大門セイ 福島 平 1952 広島県 今井芳夫・三宅平 岡山 何久層 磯部誠子・神和住静子 東京 墨田板橋 1953 三重県 熊埜御堂公福・村田俊彦 東京 松倉 片山光子・山崎美和子 岡山 大日本紡 1954 徳島県 元吉三善・安部繭 福岡 住友金属 生川久恵・島田一子 三重 四日市協会 1955 岡山県 熊埜御堂公福・鳥井久光 東京 松倉 片山光子・山崎美和子 岡山 大日本紡 1956 三重県 今井芳夫・三宅平 岡山 岡山鉄道 金子初江・小柳芳子 東京 エヌワン 1957 東京都 太田光男・橘川寛 神奈川 日本スポーツ 中原二三子・片柳光子 学連 文化服装学院 1958 広島県 黒田正敏・横溝政志 学連 法政大学 柳原美枝子・萩原倭文子 広島 東邦金属 1959 三重県 今井芳夫・佐藤正男 岡山 鉄道管理局建設省 溝田あつ子・松井沢枝 静岡 日新紡島田 1960 三重県 伊藤博之・園元務 兵庫 住友鋼管 山田祐子・右近美紗子 広島 東邦金属 1961 山口県 大野次郎・坂本安司 東京 安田生命エヌワン 安田きぬ・根岸春荏田 東京 エヌワン 1962 長野県 杉山博康・藤本保 広島 電々中国 山田祐子・右近美紗子 広島 電々中国 1963 富山県 上田高明・坂本安司 東京 安田生命エヌワン 安田きぬ・根岸春枝 東京 エヌワン 1964 岐阜県 上田高明・坂本安司 東京 安田生命エヌワン 大森和子・水野美智子 学連 淑徳短大 1965 愛媛県 上田高明・坂本安司 東京 安田生命エヌワン 山田祐子・右近美紗子 広島 電々中国 1966 神奈川県 土井国義・友国功 広島 電々中国 須田倫子・清水令子 学連 青山学院大学 1967 三重県 石川恵修・右近義信 東京 電々中国 山田祐子・右近美紗子 広島 電々中国 1968 新潟県 中尾和三 東京 世田谷クラブ 石川英機 東京 桜門クラブ 米沢そのえ・中田美登利 学連 東京女体大 1969 岡山県 加藤史夫・清水久治 兵庫 神戸女商高 米沢そのえ・中田美登利 学連 東京女体大 1970 福島県 竹島満 山口 東洋曹達 小林元治 東京 フタバヤ 権華鮮・金凰姫 韓国 1971 山口県 仲内祥介 大阪 大阪庭協 小橋潤 大阪 赤Mクラブ 浅井聖子 学連 松陰学大 井上ヨシ子 大阪 山手クラブ 1972 長野県 西田豊明 東京 日体大桜友会 時安繁 兵庫 日大桜門クラブ 竹田寿子・日野美子 学連 和洋女子大 1973 三重県 時田俊一・佐藤伸二 岐阜 美津濃養老 森川公子・植紀子 学連 東京女体大 1974 福井県 西田豊明 東京 日体大桜会 時安繁 兵庫 日大桜門クラブ 古関明子・秋山孝子 広島 電々中国 1975 岐阜県 沖田豊作・大木幸一 学連 専修大学 徳永ひろみ・井上加代子 広島 電々中国 1976 京都府 木之村功一 学連 青山学院大学 大木幸一 学連 専修大学 福元絹代・児山美智子 東京 東京スタイル 1977 福岡県 木口利光 東京 ヨネックス 横江忠志 愛知 中京大OB 徳丸美佐枝・長野英子 兵庫 東芝姫路 1978 埼玉県 若梅明彦・薮崎達規 学連 中京大学 小川文子・真行寺美子 東京 長瀬ゴム 1979 山形県 岩梅明彦 東京 ヨネックス 薮崎達規 愛知 中京大OB 梅田洋子・今西登美子 兵庫 東芝姫路 1980 静岡県 栃尾和秀 愛知 日本電装 藤野昌吾 愛知 アイシン精機 文違菊代・糸賀公子 東京 長瀬ゴム 1981 三重県 木口利充 東京 ヨネックス 横江忠志 高知 教員クラブ 福元絹代・鈴木千春 千葉 フタバヤラケット 1982 高知県 沖田豊作・桜井智明 埼玉 川口市役所 文違菊代・日比野いおり 東京 長瀬ゴム 1983 千葉県 木口利充 東京 ヨネックス 横江忠志 高知 教員クラブ 文違菊代・日比野いおり 東京 長瀬ゴム 1984 岐阜県 木口利充 東京 ヨネックス 横江忠志 高知 教員クラブ 文違菊代・日比野いおり 東京 長瀬ゴム 1985 岩手県 木口利充 東京 ヨネックス 横江忠志 高知 教員クラブ 古谷千江美・野元正枝 兵庫 東芝姫路 1986 福島県 山本弘 奈良 村木建設 沼田守弘 奈良 高田商OBクラブ 宗盛真弓・伊藤智子 東京 長瀬ゴム 1987 愛知県 山本弘 奈良 村木建設 沼田守弘 奈良 高田商OBクラブ 桜井ひろ子・塩崎立子 東京 ナガセケンコー 1988 埼玉県 中本和穂 広島 音戸クラブ 井口鉄郎 宮崎 延岡旭中学校 宗盛真弓・千場早和子 東京 ナガセケンコー 1989 岡山県 神崎公宏 三重 三重高校教員 小野寺剛 東京 巣鴨高校教員 宗盛真弓・千場早和子 東京 ナガセケンコー 1990 栃木県 田中敏雄・曽根光夫 広島 JT広島 徳永佳代・定本千春 兵庫 東芝姫路 1991 岐阜県 北本英幸 石川 兼六クラブ 斉藤広宣 千葉 松戸市役所 加藤朋子・小林泉 埼玉 カワサキラケット 1992 京都府 神崎公宏 三重 三重高校教員 小野寺剛 東京 巣鴨高校教員 川口ひろみ・定本千春 兵庫 東芝姫路 1993 兵庫県 北本英幸 石川 小松市女高校教員 斉藤広宣 千葉 松戸市役所 井上朋美・松井朋恵 学連 松陰女子学院大学 1994 宮城県 北本英幸 石川 小松市女高校教員 斉藤広宣 千葉 松戸市役所 熊野美夕紀・砂本由里子 兵庫 東芝姫路 1995 静岡県 中堀成生・高川経生 広島 NTT中国 高橋園枝・古澤美由紀 東京 ナガセケンコー 1996 埼玉県 中堀成生・高川経生 広島 NTT中国 石川聡子・古澤美由紀 東京 ナガセケンコー 1997 三重県 中堀成生・高川経生 広島 NTT中国 砂本葉子・宮地雄子 兵庫 東芝姫路 1998 山形県 玉井俊充・紙森隆弘 和歌山 和歌山協友クラブ 米本育代・中谷朱美 広島 NTT中国 1999 佐賀県 中堀成生・高川経生 広島 NTT中国 沼崎優子・裏地美香 東京 タカギセイコー 2000 北海道 北本英幸 石川 兼六クラブ 斉藤広宣 千葉 松戸市役所 熊谷浩子・八谷志帆 広島 NTT西日本中国 2001 愛媛県 中堀成生・高川経生 広島 NTT西日本中国 坂下真知子・濱中洋美 学連 日本体育大学 2002 新潟県 浅川陽介 東京 日体桜友会 小峯秋二 富山 高岡ビックウェーブ 玉泉春美・上嶋亜友美 兵庫 東芝姫路 2003 大阪府 森田英世 神奈川 藤沢市役所 香川大輔 神奈川 厚木市役所 水上志乃・熊谷浩子 広島 NTT西日本広島 2004 広島県 浅川陽介 東京 日体桜友会 小峯秋二 富山 高岡ビックウェーブ 渡邊梨恵・堀越敦子 広島 NTT西日本広島 2005 神奈川県 中堀成生・高川経生 広島 NTT西日本中国 渡邊梨恵・堀越敦子 広島 NTT西日本広島 2006 福岡県 中堀成生・高川経生 広島 NTT西日本中国 玉泉春美・上嶋亜友美 兵庫 東芝姫路 2007 静岡県 菅野創世 埼玉 川口市役所 佐々木洋介 東京 ヨネックスクラブ 杉本瞳・上嶋亜友美 兵庫 東芝姫路 2008 青森県 鹿島鉄平・塩嵜弘騎 学連 早稲田大学 佐々木舞・堀越敦子 兵庫 東芝姫路 2009 兵庫県 中堀成生・高川経生 広島 NTT西日本中国 東田早代・藤本涼子 兵庫 東芝姫路 2010 徳島県 中堀成生・高川経生 広島 NTT西日本中国 佐々木舞・大庭彩加 広島 NTT西日本広島 2011 長野県 篠原秀典 東京 日体桜友会 小林幸司 東京 ミズノ 杉本瞳・森原可奈 兵庫 東芝姫路 2012 鹿児島県 篠原秀典 東京 日体桜友会 小林幸司 東京 ミズノ 深澤昭恵・宮下愛未 兵庫 東芝姫路 2013 茨城県 桂拓也・高月拓磨 学連 早稲田大学 上原絵里・阿部悠梨 東京 ナガセケンコー 2014 秋田県 水澤悠太・長江光一 広島 NTT西日本広島 佐々木舞・大庭彩加 広島 NTT西日本広島 2015 滋賀県 篠原秀典 東京 日体桜友会 小林幸司 東京 ミズノ 森田奈緒・山下ひかる 東京 ヨネックス 2016 山口県 船水颯人・星野慎平 学連 早稲田大学 志牟田智美・地中葵 学連 松陰大 2017 群馬県 水澤悠太・村上雄人 広島 NTT西日本 林田リコ・宮下こころ 高体連 文大杉並高校 2018 熊本県 船水颯人・上松俊貴 学連 早稲田大学 林田リコ・宮下こころ 学連 東京女子体育大学・明治大学 2019 岩手県 船水颯人・上松俊貴 東京 ヨネックス 学連 早稲田大学 林田リコ・島津佳那 学連 東京女子体育大学 次は男子の高校生ペアの優勝に期待がかかりますね。

同じ環境で練習している4人なので、 お互い手の内がよく分かっていると思うのです。

通算三度は歴代二位となる 皇后杯 歴代優勝回数 4回(2人) 山田祐子 文違菊代 3回(11人) 磯部鉞子、神和住静子、生川久子、島田一子、右近美紗子、日比野いおり、宗盛真弓、上嶋亜友美、佐々木舞、堀越敦、林田リコ となっている。

ですが、そこは日本代表のプライドで、勝つと思われます。

まずNTT西日本の林湧太郎選手は、ポーチボレーの時に少し動き始めるのが早いことが多いのです。

知らないですけど。

71

ソフトテニスじゃなくてソフトテニヌよ 大きな大会前になると結果予想をTwitterでつぶやくのです。

先年、惜しくも急逝された文違さん(史上最強を称えられた大後衛)の一回目の優勝が社会人2年目の年。

毎年放送されることは素晴らしいことには違いないが、なんとかノーカットに […]• 本倉選手の広角に打ち分けるストロークや、相手の強打をカウンターで返すストロークは、強打タイプの林田和樹選手を苦しめると思うのです。

三度以上優勝したのは半数の18人となる。

書籍単体で買っていただけたらすごくうれしいですが、アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを (1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得だと思います。

王女様をふくめ、多くの人の予想とは違う考えなのですが、私めは期待も込めてそう思っております。

知らないですけど。

,4-0,2-4,2-4,5-3,4-2,2-4,8-10 […]• 女子の予想は、書けたら書きます(すんません)。

94