ナルト 青。 『NARUTO

母親は特別上忍のツメ、姉は中忍のハナ。 たたみイワシ 声 - 顎髭を生やした男性。 礼儀正しく勤勉な性格だが、あまりの熱血ぶりに周囲から呆れられることもある。 ナルトが修行の旅に出る際はネジの後押しを受けて、物陰に隠れながらも同期では唯一、彼を見送っている。 殻のメンバーと言うよりは、「 殻を裏切ったメンバー」というイメージが強いアマド。 一人称は「オレ」で、ナルト達からは「イルカ先生」と呼ばれている。 第四次忍界大戦後は上忍に昇格、六代目火影となったカカシの補佐を務めるようになり、それまで以上に慌ただしい日常を送るようになったことで、それまでの自分を見失いつつあったが、「黙の国」での任務を経て本来の自分を取り戻した(小説「シカマル秘伝 闇の黙に浮ぶ雲」)。 第四次忍界大戦では大名たちの警護に当たっていたが、後に本物のマダラが穢土転生で蘇ったことから三人一組の「飛雷陣の術」で五代目水影・メイをマダラの元へと転送した。
20
第二部ではアスマ、シカマル、イズモとフォーマンセルを組んで暁の飛段と角都と戦うが敗北した。 オビトから想いを寄せられていたが、本人はカカシに好意を抱いており、カカシの上忍昇格のプレゼントとしてお守りを縫い付けた「個人用特別医療パック」を贈っていた。 第一部の中忍試験では第一予選の試験官を務めた。 第三班のメンバーは担当上忍のガイの判断で1度中忍試験への参加を見送っており、彼らは1期上となるが中忍試験には他の3つの班と同時期に参加しており、以降も交友関係が続いている。 うちはカガミ 声 - 河西健吾 うちは一族の忍。 第二部の五影会談では、黒ツチと共にオオノキの護衛として同行した。 そのような事情もあってか「」に加担し、外陣として暗躍するようになる。 火影就任後は穏健な政策を進めるも、厳格な方針を主張することが多かったダンゾウとは度々対立していた。
17