ネメシス タイラント。 『バイオハザード RE:3』レビュー。ネメシスがタイラントに負けた日

82

初期タイラント及びTウィルスによって作り出されたB. 外見は黒いコートに身を包んだ黒衣の巨漢であるが、その顔面には鼻や耳、唇がなく、常に剥き出しの歯茎、頭部の大きな手術痕により右目は潰れているという異様な容姿。

四足歩行で機敏に動き回り、巨大な爪で引っ掻く、飛び掛かる、捕縛して噛み付くなどまるでを巨大化させたような姿と挙動を見せる。

腕部の変化によってパンチなどが使用できなくなったため、巨大な左腕の振り回し・振り下ろし、変異前にも使用していたタックル、高く跳躍した上での踏み潰しを攻撃手段とする。

, 度重なる戦闘と特殊な薬液により限界を超えるダメージを受けたタイラントの肉体とネメシスが、お互いに暴走状態になり肥大化。

また、思考能力の向上で自己判断力も優れたものとなり、ロケットランチャー、ガトリングガン、火炎放射器などの複雑な操作を必要とする武器も使用可能となった。

とくに印象的だったのは物語の舞台となるラクーンシティの構造だ。

2s;transition-timing-function:linear;display:inline-block;margin-right:. 『3』ではG-ウイルスを回収するべく送り込まれた米軍特殊部隊SPEC OPSを迎撃すべく5体がヘリで投下され、死闘の末に壮絶な相討ちとなった。

55