ある日お姫様になってしまった件について 英語。 海外版「ある日、お姫様になってしまった件について」でネタバレを読むには?

昔のことを思い出すアナタシウス・・・!? ジェニットは眠れぬ夜にアナタシウスに相談をしています。

アルフィアス公爵邸では、勝手な行動をしたことでジェニットが公爵に叱られていた。

彼女は、天気がいいからたまにはと、ボートにクロードを誘う。

自身の命をかければ アナスタシウスを止めることは可能だが、アタナシアを守る者がいなくなるのはまずいと思い直し、アナスタシウスを見逃すことにしたのでした。

小説読めば少しわかるんかなあ、今度読んでみよう・・・でも漫画と小説はだいぶ違うからな・・・ そんなこんなで再びルーカスとアタナシア。

自分の身だけを考えた結果がこれか、と泣きそうになりますが目を腫らしてはいけないと堪えます。

アナスタシウスと別れた後、アタナシアは震えて座り込んでしまいます。

その後、彼女を寝せたルーカスは、まだしばらく傍にいようと決める。

ここで陛下にできることがあればなんでも…お手伝いさせて頂きたいのです。

アタナシアやルーカスは『抱いて移動』にBLチックな想像し、結局ルーカスが魔法を使って移動させることになりました。

ボートに乗り込むと、幼い頃アタナシアが湖に落ちたなとクロードは話す。

本当は血がつながっているのにと、ジェニットにしては思ったのでしょうね。

ルーカスはアエテルニタスを落ちこぼれ扱いしますが、アタナシアにとっては史上最強の皇帝のイメージが強いです その間にリリアンの誉め言葉がルーカスからアタナシアに移ります
私が頼る三ことができるのは皇太子だけ・・・必ず皇帝になってくださいとアナタシウスは言われていたのです 内容は主人公の転生物です
そう考えたが、これもやめることにした 戸惑いを隠せないアタナシア 退出しようとする アナスタシウスとアルフィアスに対し、アタナシアは裏切り行為に関して決して忘れないだろうと告げます
既に目は通したからほとんどすることはない、必要だからこれを貸すと言い、さっきの黒い犬の置物を投げ渡した 最初からジェニットに本当の事を伝えておけば良かった、と後悔するアタナシア
「儀式に適した場所に陛下を移動させましょう」 ルーカスの言葉にフィリックスが頷きます クロード オベリア帝国の皇帝陛下であり、アタナシアの父
ルーカス 世界一の魔法使い クロードは、変な趣味だなと一蹴
77 11