西舘 果 里。 西舘果里 引退危機を乗り越え8年目の初V/江戸川

まっさらな状態で新期を迎え「回避できて良かったけど、レースに臨む気持ちを変えるつもりはないです。

レースは2コースからコンマ16のトップスタートを決めると、1Mでイン深川麻奈美(福岡=33)の内を差してバック先頭。

オート [5月25日 19:41]• 「平和島でフライングしてしまいましたが、気を引き締めて頑張ります」と意気込む。

スポンサーリンク 会場別集計 会場 合計 1着 2着 3着 4着 5着 6着 F L K S 桐生 30 3 1 6 4 10 5 0 0 0 1 戸田 43 0 2 2 2 16 17 2 0 0 2 江戸川 57 8 8 6 10 6 19 0 0 0 0 平和島 81 3 5 9 10 25 25 2 1 0 1 多摩川 66 3 7 7 11 13 23 2 0 0 0 浜名湖 31 0 1 1 3 2 21 2 0 0 1 蒲郡 28 1 4 3 2 6 12 0 0 0 0 常滑 15 0 2 1 2 3 5 0 0 0 2 津 28 0 2 2 2 5 17 0 0 0 0 三国 20 3 2 3 1 3 8 0 0 0 0 びわこ 40 1 2 6 6 9 15 0 0 0 1 住之江 20 2 4 1 1 2 9 0 0 0 1 尼崎 28 5 2 6 3 4 8 0 0 0 0 鳴門 22 1 1 4 4 4 8 0 0 0 0 丸亀 7 0 1 1 0 1 4 0 0 0 0 児島 32 0 1 0 2 12 15 1 0 0 1 宮島 18 1 2 1 2 6 5 0 0 0 1 徳山 32 0 0 2 2 8 20 0 0 0 0 下関 17 1 1 0 3 3 9 0 0 0 0 若松 63 2 6 8 12 15 20 0 0 0 0 芦屋 15 1 1 2 5 3 2 1 0 0 0 福岡 28 2 5 2 7 5 5 0 0 1 1 唐津 58 0 1 7 6 13 28 1 0 0 2 大村 20 1 4 6 5 3 0 0 0 0 1 スポンサーリンク 月別集計 月 合計 1着 2着 3着 4着 5着 6着 F L K S 01月 88 2 7 7 11 24 33 1 1 0 2 02月 63 1 8 4 10 11 27 0 0 0 2 03月 40 2 1 3 6 10 17 1 0 0 0 04月 59 2 3 2 9 10 32 1 0 0 0 05月 124 3 8 22 12 37 38 4 0 0 0 06月 57 4 1 8 9 17 17 0 0 0 1 07月 64 0 5 6 8 17 27 1 0 0 0 08月 42 5 3 5 3 4 19 1 0 0 2 09月 74 4 10 9 13 7 28 1 0 0 2 10月 54 7 8 2 3 15 16 0 0 1 2 11月 68 8 6 6 6 13 27 1 0 0 1 12月 66 0 5 12 15 12 19 0 0 0 3. 競輪 [5月29日 15:42]• 引退危機を回避した今期からの活躍が期待される。

優勝は2回だけだが、展開を突くレーススタイルで2、3着で舟券に貢献するタイプ。

しかし、ただ勝つだけではなく、レース内容の良さも伴わなければ成長にはつながらない。

そして、そんな彼女を苦しめたのがフライングの多さだった。

SGはオールスターに4回出場した人気のある選手だ。

血液型B。

S力が最大の武器で、豪快に攻めるレースはもちろん冷静なさばきも持ち合わせ、いまだに優勝がないのは不思議なくらい。

6 4 0 92 3 0 2 1 0 3号艇 92 0 0 4. 憧れの選手は女子の第一人者として活躍する平山智加(香川)。

・目標 初優勝 大学時代は空手の世界チャンプ 【記者の寸評】7歳から始めた空手は中学時代に全国3連覇。

82 55
9月の卒業記念レースでは転覆失格に終わった西舘 『A1級になって賞金女王になる』という目標に向け、確かな一歩を踏み出した西舘
女子ソフトボールを詳しくない人でもその名前を聞いたことがあるかもしれない宇津木妙子氏が当時は監督を務め、日本を代表する投手として今もなお現役の上野由岐子投手が在籍するチームだ 12Rの時間帯に走るのは初めてだったけど、足は全部が良かったですね
それでも将来の夢は同期の誰よりも大きい 西舘は1986年11月27日生まれ
西舘果里 ボートレース江戸川の「ヴィーナスシリーズ第16戦 yes!高須クリニック杯」が5日、開幕した 高校~実業団リーグとソフトボールを続け、引退後にボートレースに転向
同期には佐藤博亮、椎名豊、高田ひかるらがいる 初優勝は遅く、07年6月三国でデビューから22年8か月かかった