防衛 機制 種類。 アンナ・フロイトと「自我心理学」「自我の防衛機制」

【例】いじめられていた辛い記憶を忘れてしまう。

行動化(英語: acting out) 抑圧された衝動や葛藤が問題行動として表に出たり、相手や社会にとって受け入れがたい問題行動として表現される防衛機制です。

19
自分にとって大切な人の一部の特徴あるいは全部を自分の中に取り込む 嫌いな相手に笑顔になる、好きな相手に意地悪をしてしまう、攻撃性があるのに極端に親切になったりするようなケースを指します
例:「思い出せない」「わからない」 否認 出来事の意味の一部や全体を拒否し、存在しないことにすること 恋愛感情や信頼、感謝などポジティブな感情を示す場合を陽性転移、敵意や不信感などのネガティブな感情を示す場合を陰性転移と言います
この理想は各個人の両親の超自我を模範として形成される という意味をもちます 補償(英語:compensation)• しかしその思いが満たされない時、満たされない思いがあなたの自我に余りに負荷をかけ過ぎる余り、反動形成により、逆に相手を苦しめてやろうという行動を取ってしまう可能性があります
それを避けようとして、ストレスや不安を軽減するための心理メカニズムが働きます 夢の中で起こる、他人から見ると不合理という特徴があります
そ の作業に誰かの援助が必要だと思うなら、心許せる人、専門家などに堂々と助けを求めてください ある状況下で容認されがたい衝動や態度を、別の対象に向け換えて不安を解消しようとする機制
知性化 感情や欲求、葛藤などを意識下して解放するのではなく、知識を集めたり抽象化したりする知的態度をとること そんな自我が自分を安定を守るための方法を考え出します
たとえば、「上司に嫌味を言われたことを忘れる」「大好きな人がいるけど、既に付き合っている人がいるので意識しないようにする」などが挙げられます 引き続き、個別の防衛について、少しずつ書きたいと思います