河瀬 直美 光。 光(河瀬直美監督)のレビュー・感想・評価

映画『光』の作品情報 【公開】 2017年(日本・フランス・ドイツ) 【脚本・監督】 河瀬直美 【キャスト】 永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴智子、小市慢太郎、早織、大塚千弘、大西信満、堀内正美、白川和子、藤竜也 【作品概要】 『萌の朱雀』などの河瀬直美監督が、『あん』に主演した永瀬正敏とふたたびタッグを組み、『ユダ』の水崎綾女をヒロインに迎え描いたラブストーリー。 なお、同作品はが製作協力した関係で、劇場公開前の(グランプリ受賞の2日後)にの『』にて放送された。 (1992年)• 弱視のカメラマンの雅哉と、視覚障碍者向けに映画の音声ガイドを制作しているヒロイン・美佐子の姿を見つめた人間ドラマを撮った河瀬監督にインタビュー。 唯一ためになったのは、視覚障害者向けの映画音声ガイドが存在するのを知れたことです。 ()(2010年 - )• 泣きそうになった。 再婚後のに第1子(長男)を出産。 ベルギー王立フィルム・アーカイヴ(「萌の朱雀』)• 第22回高崎映画祭 最優秀監督賞• このことを今作で詩情豊かに描けた理由には河瀬直美監督の才能の輝きのほかにも、スタッフの影なる力があるようです。 今もいろいろな意味で闘っていると思います。 これだけ「光」を純粋に感じさせる演出は圧巻。
43
アップだからダメという訳ではないんですが、心情が撮れてなかったように感じました。 そんな二人のラブストーリーという触れ込みだったけど、主軸はそこじゃなかった気がする。 その「表現するものへの愛」をどう終わらせるのか…その興味を引く構成にハッとさせられる。 光 Radiance 監督 脚本 河瀨直美 製作 澤田正道、武部由実子 出演者 撮影 百々新 編集 ティナ・バス 配給 、 公開 2017年 上映時間 101分 製作国 言語 『 光』(ひかり、英題: Radiance)は、ののドラマ映画。 スタッフから本当に徹夜していたと聞きました。 やがて症状が悪化し、視力を失いゆく雅哉を間近で見つめるうちに、美佐子は……。 その導かれた先は「光」。 が監督と脚本を務め、、らが出演。 また、『日本のいちばん長い日』の神野三鈴、『るろうに剣心』の小市慢太郎、『龍三と七人の子分たち』の藤竜也が共演で脇を固め、2017年カンヌ国際映画祭にて、キリスト教関連の団体や批評家によって選ばれるエキュメニカル賞を受賞。