ブレア ウィッチ ゲーム 考察。 ブレアウィッチプロジェクト 考察: my blog のブログ

おしまい。

ジェームスとリサが廃墟の家に入った時点で「 なんだぁ。

) さて、その内容はと言いますと、 1日目 付近の住民達へ、森の魔女についてのインタビューを行う。

続編製作当初は1600年代の魔女を主役にした物語を作る案も出たがボツになった。

しかし、ブレアの魔女にかけられた森の呪いがエリスを惑わせ、終わりのない悪夢へと引きずり込まれていく。

ラストに、ゾンビのような生霊が映されます。

『Layers of Fear』を制作したBloober Teamから生み出されたというゲームらしく、恐怖が精神に異常をもたらす様が非常にリアルに体験できました 他にもオカルトサイトを運営する 二人組レーンとタニアが語る胡散臭い話も前作を知る身としては楽しいんですよねぇw
都市伝説 1999年という時代背景やインターネットサイトを用いてのメディアミックスから 都市伝説という特徴も大きいでしょう 本作は 前作を観てないと楽しめない続編となっております
メリーランド州バーキッツビル近郊にあるブラック・ヒルズの森で少年ピーターが消息を絶つ その為、今回の続編では廃墟の家を新たにセットで作り直している
今、体験したことはなんだったのか? 本当はどうだったのか?現実か?幻か? 巧みに練られたストーリーがEDへと繋がり考察も深まる 1994年10月、モンゴメリー大学映画学科に通う三人の学生、 女性監督のヘザー、録音担当のジョシュ、カメラ担当のマイクは、 その土地に今なお残る伝説の魔女「ブレア・ウィッチ」を題材とした ドキュメンタリー映画を撮影するために、 メリーランド州バーキッツビルのブラック・ヒルズの森に向かう
犬はかわいい笑 ホラーゲームやミステリー好きの方にはお勧めです 電波が通ったら即Call
簡単に現在地を見失ってしまうのだ 多分、森は本当に呪われてるw
部屋に人が入るのを見て部屋に入る、手が届きそうな距離まで近づく ちょっと悪い点:ラストが少し不満 ラストシーン 本作のエンドロール突入時、ほとんどの鑑賞者が 「え・・・」と思ったと思います
匂いによって、目に見えない痕跡を辿り、証拠までプレイヤーを誘導してくれる これは、 実際に森で迷子になる感覚とも似ている
5