ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 英語 版。 ある日お姫様になってしまった件について

から始まるお話が書きたいです。

フィリックスまであのように評価されているとは思いませんでした。 これで1,2時間は大丈夫だろうというクロードは、庭にでるから茶を用意させようと、フィリックスを呼ぼうとしてハッとする。 終始会話についていけなかったアタナシアはげっそりしている。 かっこいい!!!!かっこいいよシロおじさん!!!!!! 『アナスタシウスに任せるのが違った』 血だらけのアナスタシウスの中から突然現れるもう一人の人格。 アナスタシウス・デイ・エルジェア・オベリア クロードの兄であり、ジェニットの父 クロードによって死んだと思われていたが黒魔法を使い、なんとか生き延び髪と目を黒くし今はアルフィアス邸にいる この項目は、に関連した です。 クロードは慌てる様子もなく、溺れるアタナシアを眺めているだけでしたね。
42
恥ずかしそうでしたね 彼の名を聞かれたので、護衛騎士のロベイン卿ですかとアタナシアが教える
しかし、そこにはアタナシアが一人でソファに座っているだけで、特に異変はありません あらすじ [ ] この節のが望まれています
湖に落ちた後に招待状のことをクロードに聞いたら、皇城から出てはだめだと言われたからだ ところで何の用事だったのかと聞かれるが、仕事のため絶えず動き続けるクロードのペン先を見ていたら、皇城の外に出かけてもいいかなんて聞けなかった
そして、相変わらずだらしなく上半身をローブからはだけさせたまま、すぐ横になる彼 やでの議論にご協力ください
ふとテーブルに、黒い犬の小さな置物が見えたので、クロードの机の上にあったものではないかと触れてみる それは、透明できれいな蓮の花の根元に、人の腕並みに太い触手のようなものが沢山生えている、かなり気持ち悪い植物だった
護衛騎士が乳兄弟のフィリックスしかいないので、自分の身は自分で守れるだけの、魔法等で相当強い能力があるのでしょうが、そのせいで疲れやすいのでしょうか すると、陛下がオベリアを黒魔法から救ったときに敵をあっという間に殲滅し、辺りを全て血の海にした赤血の騎士フィリックス・ロベイン様ですかと、令嬢たちが大興奮しはじめた
を満たしていないおそれがあります 自分がこのように招く立場になるとは思わなかった彼女