知事 の 通信 簿。 小池都知事の「通信簿」と2期目の展望(下):都議会対策と都職員の信頼回復をどうするか

この法律は地域の実情に応じて、知事を中心とする都道府県対策本部が対策を主導するたてつけです 画像は広島県の湯崎知事(左)と広島市の松井市長(右) 5月5日午後6時配信のヤフーニュース
今だって国が地上イージス停止したっていうだけで騒いでいるんじゃないんですか? 検察の定年延長をやめたって言っただけで大騒ぎしているじゃないですか?しかもそれは民主党政権でも検討していた話だし安倍さんの公約でも何でもないんですよ 小池さんには頼りになる参謀や盟友もいませんから応用が利かない
来年は、新幹線や諫早干拓など隣県・佐賀との調整が課題となりそうだ 「露出が多いと、そういう結果が出ます
そこで国と自治体がうまく役割分担して、それぞれの自治体がどううまく振舞うかで都道府県民や市町村民の財産や生命が大きく左右される 「政府の対応が遅いなか、独自に進められることは早急に対応している
新潟県も死者がその後、三人出ているが、12月9日の段階ではゼロだったし、周辺と比べても突出して良好だ 県と市の連携がよい大分県、きめ細かい医療体制の和歌山県、新潟県、島根県、香川県、長野県、山梨県なども評価できます」 私が言ったことの要約としてはこれで正しいのだが、非常に短縮されたものなので、少し解説したい
「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(特措法)によれば、外出自粛や休業要請をする権限は、おもに知事にある
26
自衛隊の派遣要請の早さと、犠牲者の数は、阪神・淡路大震災のケースではあまり脈絡のないことと思うだけに、今後一番危険視されている首都直下地震に対する備えとして、防災に対する総責任者がそのような認識を持たれているのだとすると、いささか心配ですね 同じく、長野県や山梨県も周辺県との比較において良好だ
「和歌山県は、病院でクラスターが発生し、そこからPCR検査を徹底しました 4月には神戸市内の拠点病院施設で院内感染が相次いだ
前鳥取県知事で元総務相の片山善博・早大大学院教授(68)の、吉村知事への見方は厳しい せっかく市場の人たちが苦労して全員一致で移転を決意したのに、外場を残すという無神経な一言で再び二分されてしまい、やむなく廃業した人も居ます
今、舟入で起きていることを考慮すれば、広島市の松井市長はまさにそう 兵庫県知事(公選第15・16・17・18・19代)
その判断を下したのが、大阪の吉村洋文知事(44)です また、鳥取県は、ほとんど汚染されていないだけでなく、PCR検査の実施率、重症者用のベッドの確保といった対策も非常に高い水準で行われており、あらゆる意味で模範的である
県議からの信頼も厚い 大村愛知知事、寝てろ
大阪くらいの大都市になると、行政にさまざまな要素が絡み合っている これ以上やらせたら、都の財政は破綻するでしょうし、そこまで行かなくても都は地方交付税を支出していても給付を受けていない自治体である立場を失うでしょう
2017年(公明党、社民党、自民党県連、民進党県連の推薦) と5回の選挙に勝利 ほとんど各政党が相乗り状態では組織票だけでの当選ですね 組織への恩返しも20年間がんばってされていました! 井戸知事の仕事は組織への恩返しだけの20年ですね 爺の戯言の一覧 大河ドラマ『平清盛』の低視聴率でコメント 「うちのテレビの調子が悪くなったのかと思うような画面で、鮮やかさが無く薄汚れた感じだった」 兵庫県庁に電話やメールで『政治が一番組に発言すべきでない』と多数の抗議があったにもかかわらず その後も『おもしろくなりそう』『もう少し画面を明るくしたら』 と批評を繰り返す 「関東大震災が起きればチャンスだ」と発言 2008年11月11日の和歌山市で行われた近畿ブロック知事会議の場でおいて、関西経済界の活性策について 『関東大震災が起きればチャンスだ』という鬼畜的な発言をしている 大阪維新の会とのバトルの歴史 橋下大阪府知事の『伊丹空港廃止が多数』発言に反発 大阪府の吉村洋文知事の『兵庫大阪の不要不急の往来』を自粛に反発 石原都知事から批判 どういう趣旨でそういう発言をされたかよく分からないのですが、報道を見ておりますと、自衛隊の派遣要請をもっと早くしておけば、犠牲者は2千人減っていたのではと言われたようです 小池都知事の公約はどれも達成して欲しいものばかりですが、短期間では達成は難しいです
ここで気になるのが、「なぜ福井県はこんなに多くの指標で順位が高いのか?」という点だろう まさにコロナ対策は、知事の手腕の見せどころなのだ
「中小企業に対しても県民に対しても、独自の支援策が少なすぎる ちょうど、youtubeの松田政策研究所チャンネルというところで、という動画が流されて私と松田学(元財務省・元代議士)が対談しているので、それを題材に、地方振興がどうしたらできるか国土政策の歴史から論じている
72