お 相撲 の 色々 パワプロ。 相撲用語の一覧!いろんな隠語や日常でもよく使う言葉は?

砂かぶり席:溜席のこと。

場所中の土俵には神が宿っているが、巡業ではそこまで厳密なのだろうか。

「初土俵が昭和」に入ってからの力士、35代双葉山から21人で計算すると平均は 61,2才。

連相撲(つらずもう):勝ちが続いたり、負けが続いたりすること。

柝が入る(きがはいる):開幕・閉場などの合図に拍子木が打たれること。

やまいく:病気やけがをすること 山稽古:土俵以外の場所での稽古 弓取式:場所の締めくくりに行われる儀式 世方:相撲関係者以外の人 横綱大関:大関が少ないとき横綱が大関の役目を兼ねること 四つ相撲:両力士が上手と下手を取る相撲 四つ身:四つに組んだ時の体勢. 米びつ:実力や人気のある力士。

千秋楽:場所の最終日のこと ソップ型:筋肉質で痩せ型の力士のこと スポンサードリンク 相撲用語や隠語の一覧「た行」 大横綱:横綱の中でも大活躍をした者に与えられる呼び名。

天平6年7月(734年) 聖武天皇相撲を天覧。

そんな中で、よく耳にするものをピックアップして「あ~わ行」別に分けてまとめてみました。

95 78