ハイパーリーグおすすめ編成。 [スーパーリーグ]GOバトルリーグで安定して勝てる最強パーティ編成を紹介!なかなか勝てない初心者や中級者の方にもオススメです![ポケモンgo]GBL・pvp │ ポケモンGOでGO!

特に同じあくタイプの弱点を突ける点は強力。 交代要員が倒れた時、初手が戻り、貯めておいたエネルギーとチャージ技で形勢を逆転します。 ギラティナ(アナザー)は、初手・裏どちらも同程度。 初手ラグラージ・裏ギラティナは定番。 今回のチーム編成では紹介されているおすすめ度をS、Aにランク付けしています。 抱え落ちのリスクは高いです。 タチフサグマ+ゲンガーの並びがメイン 耐久力がありフェアリータイプやかくとうタイプ以外と対等以上に戦うことができる「タチフサグマ」、タチフサグマの苦手なところを補いシャドーボールで大逆転を狙える「ゲンガー」の並びがメインのパーティ。 三体目には メルメタルと相性補完が良く、シュバルゴ・ギラティナへのケアとして ギャラドスを採用した(メルメタルが弱い地面・炎・格闘にギャラドスが強く、ギャラドスが弱いトゲキッスなどのフェアリータイプにメルメタルが強い)。 フリーザー• 基本的に 「リザードン」で対面有利となるレジスチルなど「はがね」ポケモンや「くさ」ポケモンを対処し、それ以外のポケモンは「トゲキッス」「ピクシー」の強力「あまえる」攻撃で攻めるスタイルです。 技範囲が広いニャイキングを採用 1匹目のポケモンとして技の範囲が広いニャイキングを採用。
26
オプション ギラティナ・レジスチル・ラグラージといった 環境のトップメタを対策したい場合はギラティナまたはラグラージを ギャラドスにする選択肢もある。 ギラティナ軸 監修: 掲載日:2020年8月13日 ポケモン 通常技 ゲージ技 ギラティナを先頭に配置したパーティ 初手には幅広く見れ、明確な出し負けが少ないギラティナを配置。 引き先は ゲンガーとなりますがねんりき持ちのポケモンに追われない限りシールドアドを取りやすく、カビゴンやブラッキーで追われた場合でも きあいだまが打てるゲージ量まで溜めてシャドーパンチを打つことでシールドを貼ってもらえる場合があります。 デオキシス(ディフェンスフォルム)• クレセリア:サイコカッター、くさむすび、ムーンフォース• そのためわずかなミスやエラーの影響が大きくなります。 高レーティング(2400以上)でハイパーリーグを開始できた人達は例外で、このよう複雑な環境下にはなっていないようです。 名前の無い行は全体での頻出ポケモンから判断してください(GO Battle LogではカーソルONで確認できます)。 ゲージ技のとびかかるで相手を弱体化しながら戦うことで、不利な相手にも善戦できる。 交代先にはキングドラ だし負けからの交代先にはキングドラを採用。 苦手なポケモンを誘い出す 控えの片方のポケモンで苦手なポケモンを誘い出し、もう片方のポケモンをフィニッシャーにする戦法を取る。 頻出ポケモンごとのチーム編成 中央の円が初手頻出ポケモン。
他2体が高耐久なため、シールドはなるべくズルズキンに残す立ち回りを取ろう ドクロッグが苦手なエスパータイプやじめんタイプは控えの2匹で対応する
ひかえははがねタイプ対策を採用 控えはタチフサグマ、ラグラージを採用 また、鋼タイプのメルメタルはだし負けに見えてだし勝ち
リザードン• ハイパーリーグで環境トップのギラティナやアーマードミュウツーなどが使用できないルールとなっている スパイスチーム1• 3番手:ジバコイル プレミアSチーム1:相性一覧 Sランクチーム2• ベトベトン(アローラのすがた)• 交代先にはデンチュラ デンチュラはでんき技がいまひとつにならない相手にはほうでん、それ以外のポケモンにはとびかかるで弱体化させながら戦う
相手の メルメタルを対策したい場合はギャラドスをシャドークロー型の ギラティナ アナザー にする選択肢もある カビゴンと相性補完が取れている点も高評価だ
どれも上位レート帯で通用するポテンシャルがあると自負しているパーティです!もう少し細かい立ち回りが知りたい方はツイッターなどでお気軽にDMをいただければ幸いです サンダー(シャドウ)• パーティの作成ハードルは高いが、非常に強力なポケモンたちとなっている
フィニッシャーのニョロトノ 3匹目にはニョロトノを採用 01 0 今回はハイパー プレミアカップの動画です
また、環境にあくタイプが増加していることからゲージ技にはマジカルシャインを採用した 基本的にエンペルトやカビゴンなどに引かれる場合が多いためその場合はドクロッグで起点をつくりながら倒して後続のポケモンに対してゲージ技を打てるのが理想です
ただしその二体だとメルメタル・レジスチルといった 鋼タイプへのケアが甘いので ラグラージで補っている 2番手:デオキシス(ディフェンス)• うまく立ち回れば対面を取ることができる
カビゴンを出して相手のかくとうタイプなどを誘い出すことで終盤にラグラージの攻撃を通しやすくするのが目的 初手:カイリキー• 3番手:ギラティナ(オリジン) Aチーム4:相性一覧 スパイス(高火力)チーム1• 「はがね」ポケモンであっても 「メルメタル」の場合は相手の「いわなだれ」が「リザードン」の2重弱点となるため、一回シールドを使って防ぎつつ「ブラストバーン」を撃っての交代が無難です
ラグラージ(シャドウ)• ハイパーリーグ(ノーマル)のチーム編成 Sランクチーム1• gobattlelogでもシーズン6の初日のデータでは傾向を分析できるほどのデータは得られませんでした 1匹目にはユキノオー ユキノオーは通常技の「こなゆき」とゲージ技の「ウェザーボール」の組み合わせによって素早くゲージ技を繰り出せる点が非常に優秀
67