デンツ 手袋。 DENTS デンツ 手袋(レディース・メンズ)高級グローブの通販|ブランドセレクト シンフーライフ公式

縫製方法は大別すると2種類あり、縫い目が表から見えないインシーム縫製と、合わせ目が外に出ているブリックシーム製法があります。 現在デンツ社の工場は、ウィルトシャー州ウォーミンスターという美しい郊外の町に位置し、 そこには歴史的な手袋の道具や資料が収められたデンツ博物館もあります。 デンツは、19世紀から20世紀にかけて高級手袋及びアクセサリーの大手輸出会社として、ニューヨーク、パリ、グルノーブル、ブリュッセル、ライプチヒ、プラハ、シドニー、ナポリにある子会社を通じて高級手袋を丹念に作り上げ、各国へ販売していた。 そのまま使用するよりも、染色やレザーメンテナンスを依頼してキレイにしてもらうのが良いでしょう。 さらには ライナー(内張り)も、無し・シルク・ラムズウール・カシミア と選べるのも魅力。 低価格帯なので作りに荒さがあるものの一応はDENTS。 みなさん。
21
。 熱を与えたり、日光に当てて乾かすと、型崩れやヒビ割れの原因になります。 ウィリアム・デント デンツは、1777年に英国の都市ウースターにて設立者ジョン・デントが初めて一組の手袋をカッティングし、自社の名のもと創業した。 DENTS(デンツ)の手袋とは? DENTS(デンツ)の歴史は1777年と古く英国のウースターと言う町でジョン• また革手袋を長く愛用している場合にはレザーの退色などが起こってくることがあります。 デントによって創業されました。 水に濡らすと色落ちしたり、硬くなることがあります。 DENTS。 こちらもデンツが厳選して選定した、上質なカシミアとなります。 鹿革でも最高級のディアスキンは光沢のある銀面層を持ち皮革材料の中でも非常に丈夫でありながら、とてもきめが細かく柔らかいという特徴を持っています。 ブリックシームは厚みのある革の時によく使われる縫製で外側がペッカリー、内側がカシミヤを用いた物がイギリス紳士から人気があるようです。
59