社会 福祉 士 合格 率。 【社会福祉士の合格率】全体・受験資格別・年齢別から解説します

社会福祉士資格の種類は「名称独占資格」と呼ばれるものであり、社会福祉士と名乗って働くためには資格が必須であるものの、「業務独占資格」とは異なり、相談対応業務などは資格がなくても行えます。 新カリキュラム後に6割の90点以上を超えた回は 第30回試験のみです。 過去の試験状況を知ることは、これから自分が受験しようとしている資格の難易度を把握し、どのような試験対策を立てればよいかを計画する上で非常に重要な意味をもってきます。 社会福祉士になるには 社会福祉士になるためには、公益財団法人 社会福祉振興・試験センターが実施する「社会福祉士国家試験」に合格して、社会福祉士として登録する必要があります。 社会福祉士試験は出題範囲が広く、18科目全てで得点しなければいけないという合格基準の高さもネックになります。 また社会福祉士の平均年収は480万円程度と言われており、収入が安定している点も魅力的です。 卒業と同時に社会福祉士の受験資格とともに精神保健福祉士の受験資格もとれることがあります。
28