ブラック ナイト サテライト。 謎の衛星ブラックナイト(黒騎士)は宇宙ゴミなのか

彼の任務は宇宙ステーションを断熱ブランケットで覆うことでした。

この超ハイテク兵器感満載の「ブラックナイト衛星」が縄文時代から存在したとすれば、それだけでも胸熱な展開なのです。

55
一説には、 ブラックナイト衛星は1万3,000年前から存在しているというのですから驚きです。 ねつ造ではなく、正真正銘の本物。 ブラックナイト(黒騎士)の由来と意味 ちなみに、ブラックナイトの由来は、その名のとおり 黒騎士で 「所属不明」という意味になります。 陰謀論者は、NASAがその存在を必死に隠そうとし、画像にダークナイト・サテライトが写り込んだ場合、必ず削除していると主張しています」と語る。 いつから地球上を漂っているかは定かではありませんが、戦時中は、UFOの目撃例も多かったといいます。 まずは1953年の「地球の周りを謎の衛星が周回している」という報道。 。 ただ、1954年にアメリカ空軍によって発見されたものがブラックナイト衛星であるとすれば、人類が宇宙にゴミを散乱させる以前の話なので、その場合は否定される説ですね! 隕石説:地球軌道に入ってきた隕石が軌道上に? これについて証明できた人物はまだいませんが、地球方面へやってきた隕石が衝突せずに、軌道に乗ってしまい、漂い続けているという説です。 世界中のどの国もその謎の物体を打ち上げたと公表しておらず、謎は深まるばかり。 とはいえ、 ライトが灯っているような箇所も見られるので、この画像については何とも言えませんね。
31
これが ブラックナイト衛星にまつわる伝説の最初の1ページだ。 国際宇宙ステーションの船体から外れた熱ブランケット説 ブラックナイト衛星は 国際宇宙ステーションの船体から外れた熱ブランケットではないかという説もあります。 「ブラックナイト衛星」のまとめ! 今回の記事をまとめると、• その理由については端折りますが、とにかく地球と宇宙を隔離しなければならない「のっぴきならない理由」があり、地球の最上部にフタをつけた。 またこの「ブラック・ナイト」のミステリーに拍車をかけているのが、機体から発信されていた電波である。 1万3,000年前のブラックナイト衛星? 「ブラックナイト衛星か?」と話題になった動画から、謎の飛行物体を画像で確認してみます。 その後、1920年にもアマチュア無線愛好家が同様の信号を受信したといいます。 今日の宇宙技術の発展により多数の人工衛星が地球上空に存在しているが、"ブラック・ナイト"と呼ばれる衛星をご存知だろうか。 当店のプロフィールに「発送日数、返品・交換、複数購入の送料、オプション、商品のプリントなどの説明」を掲載しています。