アエロフロート 航空 593 便 墜落 事故。 親ばかによる、アエロフロート航空593便墜落事故

1992年• 機種:• 死者: なし。 乗員と乗客 [ ] 機長は42歳で免許を保有していた。 1987年• 詳細: 「」を参照。 詳細: 「」を参照。 機種:• 死者: 乗員乗客58人中55人が死亡。 航空会社と便名もしくはまたは機体名• 1983年• の記録、直前に交代機長がの娘と息子を機長席に座らせて、操縦桿をさせてとが判明した。 8Gになっていた。 死者: 乗員乗客108人中14人が死亡。 詳細: 「」を参照。
60

事故原因として、機長が降下経路の上下を大幅に逸脱する不適切な操縦をしたため、空港手前の木々に接触しバランスを崩し右翼から地上に激突したことが挙げられている。

死者: なし。

便名: 605便• だが、アエロフロートの悪評を見ていると、 わざわざビジネスクラスにしなくても 十分ではないかと感じる。

1976年、モスクワからレニングラードに向かっていたアエロフロートのTu-104B(機体記号: CCCP-42471)の計器が巡航中に故障し、乗員が誤ってバンク角を限界まで引き上げてしまい墜落。

便名: 5便• 乗客191人と乗員9人の全員が死亡した。

詳細: 「」を参照。

この9秒間の混乱の間機体の傾斜は設計上の限界を超えた45度以上となり、高度を保つことができなくなり、降下を始める。

1988年• 機種: 1 、2• 便名: () 501便• 詳細: 「」を参照。

2019年5月5日閲覧。

脚注 [編集 ] 2017年10月21日閲覧。

95 53