俺ガイル ss 八陽 修学旅行 アンチ。 俺ガイル Ss 八陽 アンチ

そして、雪ノ下が口を開こうとしたその時、拍子抜けするような能天気な声が聞こえてきた。

鍵が掛かっている場所まで来て、教室の鍵を探す。

「…じゃあ帰るわ、じゃあな」 結局俺は逃げる事しか出来なかった。

平塚先生に引きずられる男子生徒。

しかし、それに続いて聞こえてくるはずの音はなかった。

おまえから礼を言われて俺はすごくうれしかったし、十分救われた。

さすがは小悪党ね」 初対面の時に平塚先生が俺のことを「小悪党」と紹介したことをしっかりと覚えていやがる。

「待て、小町。

俺は返事ともとれないきの抜けた返事をしながら立ち上がり本をしまう。

204• そのまま靴をしまって教室へと歩き出す。

7
名残惜しむように流れ去っていった近景に目をやるが、すぐさま視界の遠く彼方へと消えていった。 62 肝心なことを告げないまま徒に時が過ぎていた。 八陽、八色、八優要素有り。 88 「あれから考えてみたの。 「ヒッキー、さ…」 だが言葉が浮かばないのだろうか、結局由比ヶ浜の努力むなしく、静寂が場を支配する。 プルルルルル……、プルルルルル……。
14