ウマ 娘 シンデレラ グレイ。 “芦毛の怪物”伝説よもう一度――。『ウマ娘』が語り継ぐ、稀代のアイドルホースの物語『ウマ娘 シンデレラグレイ』

作画担当の久住氏の画力も相まってか、ウマ娘たちが繰り広げる迫力満点なレース描写も見所の一つで、彼女たちのレースにかける必死な形相は最早 「バトル漫画に片足突っ込んでいる」と評され、今作が他のウマ娘関連の媒体と比べて殺伐とした雰囲気を醸し出している要因とも言えよう 基本的に姿であるが人一倍練や鍛錬を行っているせいで常に泥で汚れており、これが理由でノルン、ルディレモーノ、ザの3人からは後にノルンがの実を認めるまで「泥」とにされていた(当の本人は全く気にしてはいなかったが)
初登場時には、『ど根性』というと共に4戦3勝の成績が名前の上に書かれている アニメ版『ウマ娘』ではプロデューサーとして企画に携わった伊藤、シリーズ構成を務めた杉浦がストーリーを担当している
六に所属している そして、いよいよ運命のときを迎え、ゲートから飛び出したウマ娘たちはありったけの力を出してコースに進んでいった
宝塚記念では先手を打って勝負を仕掛けるが… が仕掛けたと同時にその後ろを進み、の体切れを予測して仕掛けるが、が更にートしたことでする
本当に今連載されているスポーツ漫画の中で一番に面白い、一番に熱くなる漫画だと自信を持って宣言したいと思います 日本ダービーはまさに運命のレースで、ウマ娘たちが熾烈な争いをすることでも有名なのだ
カサマツの「ローカルシリーズ」は、「中央とはそもそものレベルが違う」のだ 第43R 後、は勝ったをじっと睨みつけていたらしい
では、前に、のに巻き込まれ、11番だったがを出して出走停止 ダイナムヒロイン 「 舞台上のお嬢様」
21

のが長く、ギザッ、右には数珠状に繋がった4つの丸を付けている。

藤井泉助(ふじい せんすけ) 「挑戦する機会さえ与えられんままで!!」 関西弁のメガネ記者。

はヤマニテンザン。

アニメでは、1期でスペシャルウィークが、2期ではトウカイテイオーが主人公で描かれていますが、『ウマ娘 シンデレラグレイ』は、オグリキャップが主人公として描かれています。

の転入時に正々堂々と闘う事を誓いとで握手を交わす。

ヤエノの礼儀の良さや少し古風な一面は彼譲りのものと思われる。

登場人物 登場人物名横のは本作ので登場したのみ記載。

リリー 第Rに登場。

36