門松 を 片付ける 日。 お正月飾りはいつまで飾る?外す日・処分の仕方・使い回しの是非 [結婚式・披露宴マナー] All About

10 72
ここからは、 「何故その日に片付けるのか?」 「片付け方は?」 というあたりについて、より詳しく説明していきますね。 正月飾りの使い回しってダメ? 現代では再利用もあり 使い回しをする行為を避け、毎年新しいものを用意して年神様をお迎えするのは大事こと 正月には年神様という新年の神様が各家庭に降りてくると考えられています。 神社で処分する 門松は、神社に持って行ってどんど焼きをするのが一般的です。 まとめ 以上のように正月にまつわる行事というものは昔から来たものが多い。 その時に必要なのが門松を始めとする「正月飾り」です!正月飾りは歳神様を気持ちよく迎え入れる役割があります。 比較的シンプルですね。 お正月飾りの正しい処分方法 松の内が過ぎたら、お正月飾りは「左義長(さぎちょう)」と呼ばれるお祭りで燃やし、炎とともに天へと年神様をお見送りして、その火で鏡餅を焼いて食べます。
3