新宿 鮫。 【2021年最新版】大沢在昌の人気おすすめランキング10選【ハードボイルド小説】|セレクト

かつて台湾陸軍海上武隊「」に所属していた。

ミステリー• ミステリー• 絡み合い、錯綜する犯罪と凶悪事件は、冬の終わりの新宿に凝縮する。

読んだことはなくても、大沢在昌の作品名は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

件の理由から新宿署内においても厄介者となってしまい、通常は二人一組で行動する刑事の捜査も皆からコンビを組むことを嫌がられて孤高の存在として単独行動を余儀なくされ、たった独りの遊撃班的存在として行動している。

似た者どうし• 分かれ道(「オール讀物」2015年8月号)• ガンショップのオーナー -• 区立花園公園(「」2011年12月号掲載)• プロデューサー:川村尚敬(無間人形・氷舞)、一柳邦久・(毒猿)、• 大沢在昌の代表作「新宿鮫シリーズ」の第1弾• タイトルは『 眠らない街〜新宿鮫〜』。

彼の経歴です。

38歳の誕生日に届いた、ある騒動の報せ。

特捜部は砂上がアイドル歌手・松樹由利のコンサート会場で心中するものと考え会場のシアターアプルに向かうが、鮫島はただ一人、彼が晶のバンドのファンであることを突きとめ、ライブハウスへと向かう。

監督:• ごくごく普通のサラリーマン坂田が、大阪の街を舞台に奮闘• 第1回「巨大な罠」、第2回「戦慄の陰謀」、第3回「破局への岐路」、最終回「愛の行方」 キャスト [ ] 主要人物 [ ]• 元々は、採用I種試験に合格し、に入庁したであった。

新宿鮫 無間人形(1995年4月9日-4月30日、毎週土曜日)• プロデューサー:・小林壽夫• 照明:渡邊孝一• 相手に若造となめられるのを逆手に取って、色々な国で裏ビジネスに手を出している。

一方、鮫島と因縁のある国際的犯罪者・陸永昌は友人の死を知り来日する。

順番通りでも、試し読みなどで興味がそそられたものからでも楽しめると思うのでおすすめです。

死亡した桃井の後任の新上司・阿坂景子は鮫島に新人刑事・矢崎と組むことを命じ、鮫島は初めての相棒と捜査を始める。